現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SCOOP!! 警察庁が覆面パトカー(100台超?)を大量調達! 岡山県の高速には新規オービスがお目見えだ!

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.25

SCOOP!! 警察庁が覆面パトカー(100台超?)を大量調達! 岡山県の高速には新規オービスがお目見えだ!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

各都道府県が行う入札情報サイトから、警察庁が覆面パトカーを大量調達したことが判明! さらに岡山県警が近々、県内の高速道路に新規オービスを設置することが明らかになるなど、全国で2020年に向けた交通取り締まりの体制強化が、着々と進行中だ!

★警察庁 公募した覆面パトカー調達入札の落札金額は、なんと7億5,400万円!

    速報! R246秦野のL型撤去で、神奈川県の一般道オービスがラス1に! 移動オービスによる取り締まり強化に、要注意!

 今年5/23に落札された、警察庁による交通取締用四輪車(反転警光灯)=覆面パトカーの調達入札の落札金額を見てビックリ! その金額、7億5,400万円は、昨年の同時期に行われた同様の入札に対する落札金額、1億2,200万円の6倍強! 2015年にも4億円近い大量調達を行っているが、それでも今回の調達金額には遠く及ばない。もちろん、パトカーの耐用年数を考慮した調達サイクルなどにより、毎年の落札金額はまちまちではあるのだが、それにしてもなぜ、今年、例年を上回る大量調達に踏み切ったのか、まさに興味しんしんだ。

 残念ながら調達台数は明記されていないが、例えば1台500万円とすると、なんと150台分! もちろん、全部、警察庁で使うわけではなく、警視庁を始めとする各都道府県に配備されるわけだが、とにかく、今後、全国で100台を超える交通取り締まりを主業務とする新品覆面パトカーが走り回ることになる。これも、2020年に向けた交通取り締まりの体制強化の一環なのかどうかはまだ不明だが、少なくとも、ながら運転の罰則強化、あおり運転の法制化、移動オービスの全国配備など、その体制が着々と整いつつあるということには間違いはない。 

★岡山県警 中央装置付オービスと言えば、新L型 or LHシステムのどちらかで決まり!

 この10/17に岡山県が公募した入札は、「中央装置付無人速度違反自動取締装置」の設置工事に関するもの。オービス自体の調達入札を見つけることができなかったのは、国道あるいは高速道路に設置されるオービスは、国費によって賄われているので、その入札に関しては警察庁の管轄となり、さらに、現時点で「中央装置付無人速度違反自動速度取締装置」を国内で製造しているのは東京航空計器だけであるため、いわゆる一般競争入札としては公示されなかったのではないか?落札可能な企業が1社だけでは、競争もなにもあったもんじゃないからだ。

 いずれにしても「設置工事」の入札を行うということは、いずれは岡山県内に新規固定式オービスが設置されるということは確か。また、その窓口が高速道路交通警察隊であることから、その設置場所は一般道ではなく高速道路ということになる。当情報局の予想では、山陽自動車道上り168.0kp(鴨方IC先)に設置されているHシステムが撤去され、代わりに新品の新L型かLHシステムを設置する可能性が高いと見ている。もちろん、他のポイント、あるいは中国自動車道に新規設置という可能性も捨てきれないが。

 ちなみに、この入札の締め切りは11/1。早ければ年内、遅くとも来年の春までには、県内の高速道路のどこかに新規オービスが姿を現すことになる。山陽道鴨方IC先、あるいは見慣れない場所で真新しい事前警告板を見つけたら、スピードメータの確認を忘れずに!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 「東新宿交通取締情報局」)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します