現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキの油冷エンジンが復活!『ジクサー 250』はビギナーにも魅力…東京モーターショー2019

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.25

スズキの油冷エンジンが復活!『ジクサー 250』はビギナーにも魅力…東京モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スズキは東京モーターショー2019で、新開発の油冷SOHC4バルブ単気筒エンジンを搭載したフルカウルスポーツバイク『ジクサー SF250』と、ネイキッドスポーツ『ジクサー 250』を発表した。

プレスカンファレンスでスズキの鈴木俊宏代表取締役社長は「1985年にGSX-R750に採用して以来、多くのお客様に指示されたスズキ独自のクーリングシステム、油冷。その油冷エンジンを、250cc向けに新たに開発して搭載しました」と紹介。初代『GSX-R750』から続いた油冷シリーズは根強くバイクファンに愛され、熱狂的なファンもいるだけに復活には注目が集まる。

    スズキ、東京モーターショー2019に2代目ハスラーのコンセプトや未来の自動運転車を展示

◆スズキならでは、リーズナブルな価格で対抗

チーフエンジニアの野尻哲治氏は「先進的なデザインを持つスポーツバイクで、若い人たちが興味を示し、手の届く価格帯でいきたいと考え、開発しました」と話す。

すかさず広報担当者に確認すると、「車両本体価格は現時点で未発表ですが、GSX250R(税抜き49万9000円)を上回ることはないでしょう」とのこと。4気筒エンジンを搭載したり、電子制御を充実化していくライバル勢にリーズナブルな価格で対抗していく。

エンジン設計担当者の森 公二氏は「馬力がありながらコンパクトなパワーユニットとし、環境規制にもきっちり対応していくと考えたとき、SOHC4バルブ単気筒がベストだと判断しました」という。

2本のカムシャフトを駆動するDOHCに比べ、1本で駆動するSOHCならではの小型・軽量と、4バルブによる高回転、高出力を両立。さらにMoto GP技術を活かしたバルブ、シム式ローラーロッカーアーム、リテーナ、ピストンを開発。最新技術により、小型・軽量ながら、高出力・低フリクションロスを実現している。

◆冷却効果に優れる油冷エンジン

油冷のメリットについては、森氏はこう言う。

「オートバイの水冷エンジンの場合、冷却水がだいたい1リットルくらい入っているんですが、その水そのものがないのがまず軽量化に大きく貢献します。他にサーモスタッド、ウォーターポンプですとかキャッチタンク、それに繋がるホース類などがないのも見逃せません。冷却水の交換も不要になり、メンテナンス性に優れる点もターゲットユーザーにしているビギナーにとっては魅力です」

当然、空冷エンジンよりも冷却能力は高く、森氏はわかりやすく教えてくれた。

「水1リットルで冷やせる熱は、オイルだと2リットル、空気ですと3400リットルくらいの感覚なのです。この数字を見れば、油冷といっても水冷に近い働きがあることがわかると思います」

つまり水冷1に対して、油冷2、空冷3400の冷却力ということで、熱を液体に伝えられるというのは強みである。

「ジクサー SF250」「ジクサー 250」いずれも発売時期、価格は未定。日本の道にジャストフィットしそうなライトウェイトスポーツであることは間違いない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 青木タカオ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • z32*****|2019/10/26 10:50

    違反報告

    カジュアルに250を楽しめそうなモデルの上、「油冷」でスズキ味も出してますね。カワサキとは逆の道を行っている点が面白いです・・・ただ、スズキのこと、今頃エンジニアたちは「250・4気筒、いや、いっそ400だ!!(しかもやっぱり油冷)」と、これまたスズキっぽい独自路線を突っ走ってそうな気がしてならない。
  • ran*****|2019/10/31 09:48

    違反報告

    選択肢が増えることはいいことです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します