現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダが欧州フル電動化計画を前倒し、2022年までに達成へ…新型EVとハイブリッドも投入

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.26

ホンダが欧州フル電動化計画を前倒し、2022年までに達成へ…新型EVとハイブリッドも投入

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダ(Honda)の欧州部門は10月23日、2022年までに欧州で販売されるすべての四輪車を、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車(PHV)、EV、燃料電池車などの電動車両に置き換えると発表した。

ホンダは当初、2025年までに、欧州で販売されるすべての四輪車を電動化する計画だった。今回、この欧州電動化計画を、3年前倒しする。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

ホンダの欧州電動化計画において、重要な役割を担うのが、新型EVの『ホンダe』と、新型『ジャズ』(日本名:『フィット』)に相当)だ。中でも新型ジャズは、欧州でのラインナップをハイブリッドに1本化している。

さらにホンダは、ホンダeと新型ジャズを含めて、今後3年以内に欧州市場において、電動モデル6車種を発売する予定だ。これには、さらなるEVとハイブリッド車が含まれる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します