現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー カングー に燃料電池車、航続は最大370km…EVの1.6倍

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.25

ルノー カングー に燃料電池車、航続は最大370km…EVの1.6倍

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノーグループは10月22日、ルノー『カングー』(Renault Kangoo)に、水素燃料電池車の『カングーZ.E.ハイドロジェン』を欧州で設定すると発表した。

ルノーグループは2014年から、水素燃料電池車をテストしてきた。水素燃料電池システムは、ミシュランの子会社のSymbioと提携して、開発されている。

    マイチェンしたトゥインゴに試乗。質素だし速くもないけど乗って楽しいクルマ

カングーZ.E.ハイドロジェンには、車体の床下に2つの水素タンクを搭載する。水素の充填は、5~10分で完了する。水素満タン時の航続は、最大で370kmだ。この航続はカングーのEV、『カングーZ.E.』の230km(WLTP計測)に対して、およそ1.6倍にあたる。

カングーZ.E.ハイドロジェンの荷室スペースは、3.9立方mを確保する。車両重量は、ベース車両に対して110kg増えた。ルノーグループは2019年内に、ルノーカングーZ.E.ハイドロジェンを、欧州市場に投入する予定だ。ルノーグループは、小型商用車市場に燃料電池パワートレインを導入する、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します