現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【東京モーターショー】“タジマ”ブースに“出光”と“KEN OKUYAMA”が集合、これから始まることに注目!

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.24

【東京モーターショー】“タジマ”ブースに“出光”と“KEN OKUYAMA”が集合、これから始まることに注目!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月24日から開幕した「東京モーターショー2019」だが、大手自動車メーカー以外にも興味深いところは数多い。そうした中でも最も注目したいブースのひとつが、「タジマモーターコーポレーション」だ。プレスデーのブリーフィングから、その注目すべき理由をお伝えしよう。

6輪スーパーカーの開発も射程
まずはプレスブリーフィングの後、がっちりと握手をしている3名のキーパーソンから紹介しよう。まず向かって右はタジマモーターコーポレーションの田嶋伸博社長だ。スズキと組んでラリー界で大きな実績を持つのはご存じのとおりだ。

    判明した! ヴィッツ改めヤリスのアウトライン

そして、中央は出光興産の木藤俊一社長。国内石油元売り会社の最大手、「出光昭和シェル」を率いている。さらにその左はKEN OKUYAMA DESIGNの奥山清行代表だ。かのエンツォフェラーリをデザインした人物としてあまりにも有名だ。

この三者が手を組んで何が始まるのか、というのは大いに気になるところだろう。その答えはズバリ「新しいモビリティ社会の共創を目指す」ということだ。

具体的にはタジマモーターコーポレーションが手がけるEV(電気自動車)のデザインにKEN OKUYAMA DESIGNが関わる。超小型モビリティやスモールモビリティをはじめ、ナント、将来的には6輪スーパーカーの開発も射程に入れているというから驚く。モーターショーのブースではその6輪スーパーカーのイメージムービーも見ることができる。

さらに出光興産とタジマモーターコーポレーションは「次世代モビリティおよびMaaSの共同開発」に関する覚え書きを10月1日付けで締結したという。すでに両者は飛騨高山において超小型EVによるカーシェアリングの実証実験を行っているが、今後は協業の範囲を拡大して、次世代モビリティ本体や充電施設の開発、SSネットワークを活用した次世代モビリティの販売網・整備体制の構築、次世代モビリティとMaaSに関する新しいビジネスモデルの開発などを手がけていくという。

タジマモーターコーポレーションのブース(青海ホールCZ02)では同社の最新EVを始め、以上のような取り組みについて詳しく知ることができる。新たなモビリティ社会は自動車メーカーだけが主導するものではない。今後の三者の動向には大いに注目。まずはモーターショー会場に足を運んでもらいたい。

[ アルバム : タジマモーターコーポレーションの超小型モビリティ はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します