現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次期型「eKスペース」!? 三菱が「スーパーハイトKワゴン・コンセプト」を世界初公開

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.24

次期型「eKスペース」!? 三菱が「スーパーハイトKワゴン・コンセプト」を世界初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱は2019年10月23日、第46回東京モーターショー2019において、「スーパーハイトKワゴン・コンセプト」を世界初公開しました。

 スーパーハイトKワゴン・コンセプトは、「いろいろなところへ行ってみたい、もっと遠くまで行ってみたい」というドライバーの気持ちに応える新世代のスーパーハイト軽ワゴンとなります。

    不人気にもほどがある!? ビックリするほど売れていない軽自動車5選

 スーパーハイト軽ワゴンならではの広々とした居住空間を実現、このカテゴリーに求められる性能と機能を盛り込みながら、三菱らしいSUVテイストのデザインとしています。また居住空間を最大化させながら、キビキビと小気味よい走りを実現したといいます。

 高速道路同一車線運転支援技術「MIーPILOT」や、衝突被害軽減システム、踏み間違い衝突防止アシストなど「サポカーSワイド」に該当する予防安全技術を採用することで、ドライバーの負担を軽減し、安心・安全を提供しています。

 新型ハイトKコンセプトについて、グプタ・アシュワニCOOは、次のようにコメントしています。

「私たちにとって軽自動車は、国内販売の過半数を占める重要なカテゴリーであり、スーパーハイトワゴンは特に激戦区です。本年3月に発売した『ekクロス』『ekワゴン』に続く、新世代軽自動車の第2弾の位置づけであり、本年度内の発売を計画しています。」

※ ※ ※

 現在、三菱の軽自動車ラインナップには、ハイト軽ワゴンというジャンルの「eKクロス/eKワゴン」、スーパーハイト軽ワゴンというジャンルの「eKスペース/eKスペースカスタム」、そして軽ワンボックスの「タウンボックス」があります。

 今回登場したスーパーハイトKワゴン・コンセプトは、このうちeKスペース/eKスペースカスタムの次期型を示唆するコンセプトモデルとなります。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • apa*****|2019/10/24 11:33

    違反報告

    三菱欠陥車はこれからその下品な顔で行くのかな?
    風で簡単に吹き飛ばされて横転しやすいハイト軽なんか増やすな
    世界初公開と言っても日本でしか通用しない原チャ代わりの車だろ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します