現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 安全性も走行性能もクルマは大幅に進化したのに50年前のまま! 日本の制限速度はなぜ見直されないのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.24
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 50年以上前に定められた速度制限が継続されている

 日本の高速道路は、第二次世界大戦後の1950年代に計画されはじめ、63年に名神高速道路が一部完成した。続いて、68年に東名高速道路が一部で開通し、名神高速道路と接続された。

    道交法は現実的じゃないと感じる人多数! 渋滞や事故は「法の遵守」で本当に減るのか?

 いまから50年以上前の話である。当時のクルマは、燃料を気化するためにキャブレターを使い、変速機は3~4速のマニュアルで、タイヤはバイアス構造だった。そのようなクルマで、時速100kmで走るのは精一杯であっただろう。運転者には、それなりの技量も求められた。(WEB CARTOP)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン