現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【東京モーターショー】MAZDA MX-30を世界初公開。EVでも内燃機関と同じ「走る歓び」を実現

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.23

【東京モーターショー】MAZDA MX-30を世界初公開。EVでも内燃機関と同じ「走る歓び」を実現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月23日「第46回東京モーターショー」のプレスデーで、マツダ初の量産EVであるMAZDA MX-30を世界初公開した。また、本日より欧州で先行予約受付を開始し、2020年に欧州から発売すると発表した。

EVを敢えて押し出さず「自然体」を目指す
マツダの社長、丸本明氏は発表の冒頭で「MAZDA MX-30は、来年創立100年を迎えるにあたり、人を第一に考え、人とともに創るというマツダの独自性を生かしたもので、各国、地域の電力事情などに合わせたマルチソリューションの選択肢のひとつと位置づけている」とし、CO2削減などの環境に配慮することにも触れながら、「MX-30はユーザーに創造的な空間と時間を提供するもので、内燃機関と同じく滑らかで自然な人馬一体感を実現している」とも述べた。

    判明した! ヴィッツ改めヤリスのアウトライン

続いて登壇した同車主査の竹内都美子氏は、「MX-30が提供する価値は自然体です。自然な、いつも通りの生活を提供するクルマとしてMX-30を選んでいただきたいと考えています。MX-30と過ごす時間をより心豊かで楽しい時間としたい。その実現のために、乗り込んだときに心が整えられる空間を作りたいと考えました」と述べ、MX-30の持つ3つの要素を挙げた。

ひとつめはデザイン。マツダのデザインテーマ「鼓動デザイン」を元にして、人の手が生み出す人としての美しさを基礎としながら、価値観の変化やライフスタイルに寄り添うことを目指した「Human Modern(ヒューマンモダン)」をコンセプトとしている。シンプルで機能的なインテリアを特徴としつつ、自然由来のコルクや環境に配慮した素材を使用し、開放感のある空間とした。

ふたつ目はフリースタイルドア。これは2003年に登場したRX-8で採用された、センターピラーレスのセンターオープン式ドア構造のこと。デザインと居住性を両立させるだけでなく、ユーザー発想による多彩な楽しみ方を生み出すとしている。

3つ目は走る歓び。運転すると走る歓びをより深く感じられる、心と体が元気になるクルマを目指したとしている。

この発表でマツダは「2030年までに生産する全車に電動化技術であるe-SKYACTIVを搭載する」と表明したが、同車はそのシンボル的な位置づけのクルマとなる。

東京モーターショー2019関連記事

MAZDA MX-30 主要諸元(欧州仕様)
●全長×全幅×全高=4395×1795×1570mm
●ホイールベース:2655mm
●パワートレーン:e-SKYACTIV
●タイヤ:215/55R18
●駆動用バッテリー:
・リチウムイオン電池
・セル角型
・総電圧355V
・総電力量(バッテリー容量)35.5kWh
●充電:DC充電・COMBO規格
●AC充電:最大入力6.6kW
※数値は暫定値

[ アルバム : MAZDA MX-30 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します