現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EVバイクの新会社「アイディア」、最新モデル4台を出展…東京モーターショー2019

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.24

EVバイクの新会社「アイディア」、最新モデル4台を出展…東京モーターショー2019

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月20日に設立した電動バイク製造の新会社aidea(アイディア)は、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」にて、世界初公開2台を含む最新電動バイク4台を出展する。

『AA-Cargo』は、フロント1輪&リア2輪のルーフ付き3輪EV。最大積載量100kgの大型荷台や左右独立懸架リアサスペンション、13インチ大径ホイールなどを備え、物流プロセスのラストワンマイルを担う。荷物運搬車両における様々な問題を軽減するほか、新たなビジネスを創造する可能性も秘めている。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

世界初公開の『AA-Cargo V2H』は、AA-Cargo」にV2H機能を付加したモデル。車載バッテリーにためた電気を自宅でも使用できる。8kWhのバッテリーをフル充電すれば、一般家庭の約1日分の電気が供給可能。災害などによる万が一の停電時にも、確実なライフラインとして役立つ。また移動できる電源として、屋外での使用も可能。大自然の中でも不自由なく電気を使える快適なキャンプなど、新しいカタチのレジャーも楽しめる。CHAdeMOソケットを装備し、屋外施設などでの急速充電にも対応する。

同じく世界初公開の『AA-1』は、2輪車の楽しさと手軽さ、4輪車の安全性と快適性を兼ね備えた3輪EV。フロント2輪&リア1輪の車体構造は、コーナリングやブレーキング時の安定性向上、悪路や段差における乗り心地の向上など、多くのメリットをもたらす。また、ワイパー付きスクリーンや開閉式ルーフ、大型リアトランクを採用。アーバンコミューターとしての優れた実用性も実現している。

『AA-4』は、高速走行やタンデムでも余裕の走りを実現する大型2輪EV。ダイレクトな加速感や軽快かつ安定したハンドリングなど、電動バイクならではのライディングの楽しさを提供する。また、ワイパー付きスクリーンや開閉式ルーフを備え、天候に左右されることなく、快適なライディングを実現。90リットルの大容量リアトランクは、ヘルメット2つを余裕で収納できる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zen*****|2019/10/24 10:59

    違反報告

    やりゃあ出来るじゃないか!っと言いたいが、既存バイクメーカーですら手こずってるEVバイクを無名のぽっと出のベンチャーっぽいのがいきなり製造販売しても初期不良対応でただでさえ少ない窓口がパンクする未来しか見えないわ。まず業務ユースで企業タイアップで実績作ってからじゃないと怖くて買えない。
  • mas*****|2019/10/24 11:38

    違反報告

    でも・・・お高いんでしょ?コレ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します