現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > TMS速報・新アフリカツインは、国内2019年12月13日発売、147万円から

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.23

TMS速報・新アフリカツインは、国内2019年12月13日発売、147万円から

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事前告知があった、新アフリカツインHonda CRF1100Lがいよいよ実車アンベイル。その価格と、発売日が発表された。

Honda
CRF1100L Africa Twin
価格:1,470,000円(税抜)

    平嶋夏海のスズキKATANA試乗レポート!

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports
価格:1,640,000円(税抜)

発売日:2020年2月14日(金)

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES
価格:1,770,000円(税抜)

発売日:2019年12月13日(金)

2016年に発売されたCRF1000Lアフリカツインのいわば初期型が、MTモデルで¥1,350,000・DCTモデルで¥1,458,000の値付け。その後2018年モデルとしてマイナーチェンジ、¥1,412,400(MT)・¥1,522,400(DCT)と価格を変更してきた。今回のフルモデルチェンジは、排気量だけでなく細部に至るまでアップデートがかかっているのにもかかわらず、MTモデルで150万円を切ってきたことは、ライバル車と比較して大きなアドバンテージとして生きるはず。

優れたパッケージの1000Lを洗練
古くからのファンだけでなく、オフロードファンや、ビッグバイクファンなど様々なライダーをトリコにし、文字通りヒット作となったCRF1000Lアフリカツイン。そのスタイリングはアイコニックな二眼に、CRF450RALLYを彷彿するスタイリッシュなモデリングが煌めいていた。新型の2020モデルでも、このイメージは踏襲されている。

はっきり言って、まずはシートに萌えたい。旧モデルのツアラー的なフォームから、一気にラリーマシンぽくなった。この形状にしたい…というアフリカツインユーザーが跡を絶たなかったのを思い出す。

セカンドジェネレーションのスタリングに起用されたテーマは「アグレッシブ&コンパクト」だとのことだ。世界のアドベンチャーバイクは、ほとんど有能なツアラーとして使用されるが、アフリカツインはあくまでダートでの積極的な運動性能を考慮されている。

フロントに荷重しながら、リアを振って向きを変える…そんな時、大きなスクリーンでは邪魔になってしまう…と思ったか、思わずか…。第1世代よりも短いスクリーンを装備しているところに、ホンダの粋を感じないだろうか?

テールはスリムに設計されており、旧モデル比で40mmシート幅が狭いとのこと。シート高は825-845mmだが、シート幅の狭さから足付き性は良好だと言う。

タッチスクリーンのハイテクメーター
初期型から、実に3つ目になインストゥルメンタルパネルは、この世代になってまったく違うものになった。6.5インチのTFT液晶は、タッチパネルになっていて、アップルカープレイがインストールされる。

ゴールドウィングか、と見まがうレベルの左コントロール。十字キーにセレクタブルキー。アップルカープレイで、ナビも表示され、操作も可能になるようだ。

そして…待望のクルーズコントロールスイッチも見て取れる。スタンダードモデルにも配備、ロングツーリングで威力を発揮する。

乗用車よろしく、デイタイムライトはオートで光軸を調整。もちろん、LED。

75kwのピークパワーを生み出す1084ccの新エンジンは、ツインスパーク
基本的なアーキテクチャは変わらないが、排気量をアップ。正確には1084ccへスープアップされたパラレルツインエンジンは、70→75kw、99→105Nmとひとまわり大きな出力に。ピークトルク・パワーの回転数は変わっていない。このエンジンは、ボアは92mmでそのままにストロークを75.1→81.5mmにアップ。スロットルボディも46mmに大型化しているが、マニュアルミッションモデルで2.5kg、DCTモデルで2.2kg軽量化を果たしている。270度クランクはそのままに、優れたトラクション性能を発揮。

もちろん、ユーロ5を突破する環境性能を達成している。

ウィリーコントロールってなんだ…?

電子制御はさらに進化。Wheelie Control!?
2018モデルのマイナーチェンジでは、スロットルバイワイヤを導入。これによって、電子制御の手が大きくはいることになった。2020モデルでさらにその進化が進んでいる。すでにエンジンブレーキを制御していたHSTCはさらにきめ細やかになった。

新しく備わったのは、ウィリーコントロール。姿勢をセンサーし、スロットルバイワイヤによってトルクを変動させてフロントを落ち着かせる機能だ。これまでのHSTCのように3レベルで設定ができるという。2018モデルで備わった、HSTCの細やかな設定にこのウィリーコントロールも加わって、より快適 or アグレッシブなライディングを楽しめるはずだ。

CRF450Rスタイルのスイングアーム
シャシーも全面的に見なおされている。全体的にマスの集中化が進んでいるのだが、フレームだけでも1.8kgの軽量化を達成。また、スイングアームはオールニューになり、CRF450Rスタイルのアルミ製へ。500g軽く、40mmスリムになったそうだ。

サスペンションは、45mmパイでストローク230mm。SHOWAのカートリッジサスがインストールされる。前後共に、当然フルアジャスタブルである。

スペック

[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

※欧州発表より、抜粋

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ 稲垣 正倫)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します