現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ”流れるウインカー”が流行している理由とは。日本車初はあのクルマだった!

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じつはすべて同時に消灯している

欧州の上級車への採用をきっかけに、日本でもレクサスやクラウン、C-HRのほか、今やN-BOXやタント(ともにカスタム)にまで広がる”流れるウインカー”。これは俗称で、正式には「シーケンシャル(順次的な、連続的な、といった意味)ウインカー」と呼ばれる。日本では2014年10月の保安基準改正で「連続的点灯」が許可され、合法的に装着可能となった。写真は、現行型ハリアーのLEDシーケンシャルターンランプだ。

    マツダはターンランプに”鼓動”を。新型クロスオーバーSUV、CX-30の魅力とは

ウインカーの保安基準には、位置やサイズのほかいくつかの決まりがある。なかでもシーケンシャル型で難しいのは点灯。(driver@web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン