現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱電機 高精度3Dマップなしで自動運転できる技術を開発

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.21

三菱電機 高精度3Dマップなしで自動運転できる技術を開発

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は10月21日、準天頂衛星システムからの信号を利用することで、高精度3Dマップのない一般道で自律走行できる自動運転技術を開発したと発表した。同社の自動運転実証実験車「xAUTO」に搭載して、10月24日に開幕する東京モーターショー2019に出展する。

今回開発した技術は、準天頂衛星システムからのセンチメータ級測位補強サービス(CLAS)信号を使って、自車位置を高い精度で把握するとともに、過去に走行したルートを「ローカルマップ」としてセンチメートル級の精度で正確に記録する。この情報の沿って自動走行制御することで、高精度な3D地図情報が整備されていない地域で自動運転できる。

    東京モーターショー2019 報道関係者向けに23日公開 EVや市販間近のモデルが多数登場

屋外ではCLAS信号、屋内では駐車場のランドマークによって正確に自車位置を取得するとともに、最適な走行ルートを生成して、これに沿って自動走行制御する。屋内・屋外を問わず無人自動バレー駐車を実現するという。

また、ミリ波レーダーやカメラなど複数センサー情報を、処理時間のばらつきを考慮して組み合わせるセンサーフュージョン技術も開発した。車載センサーの数が増えても、即時、高精度に車両周辺の状況を認識するという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(日刊自動車新聞 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します