現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「4G63ターボ+フルタイム4WD+5速MT」…コイツは7人乗りのランエボだ! シャリオ・リゾートランナーGT【ManiaxCars】

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.21

「4G63ターボ+フルタイム4WD+5速MT」…コイツは7人乗りのランエボだ! シャリオ・リゾートランナーGT【ManiaxCars】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロングホイールベースで高速コーナーの安定感はランエボ以上!?

ミニバンのカタチをしたスポーツカー

    「シーケンシャル点火を採用して600馬力を使い切るJZX100チェイサー!」2JZのブロックに1JZのヘッドを組んだ“1.5J”で勝負!

1991年5月に発売された2代目シャリオ。シャシーは初代RVRを基本にホイールベースを200mm延長したもので、2-3-2の3列シートで7人乗りとされた。リゾートランナーGTの登場は95年5月のことだ。

搭載される2.0L直4DOHCターボ4G63はエンジン本体が助手席側、ミッションが運転席側にあることからもわかるように、ランエボで言えばIIIまでと基本設計を同じにする、逆回転クランクシャフトの前期タイプ。エンジンルームのスペース的な制約から、インタークーラーはトップマウントが採用される。シリーズ唯一のハイオクガソリン指定とされ、スペックは5速MTモデルの230ps/29.5kgmに対して、4速ATモデルは220ps/30.5kgmと、トルク重視のセッティングが施される。

これだけのパワー&トルクを受け止めるため、駆動方式はセンターデフにビスカスカップリングを用いたフルタイム4WDのみの設定。15インチアルミホイールが標準で、4輪ディスクブレーキもフロントは片押しながら2ポットキャリパーが装備されるなど、走りをマジメに考えてたことがうかがえる。

高い実用性はそのままに、ミニバンのシャリオで走りのグレードを成立させてしまったミツビシ。その企画力というか思い切りのよさはホントに素晴らしく、「当時はまだまだ元気があったんだよな~」と、しみじみ思う。

独立したメーターナセルを持つダッシュボード周り。その高さを抑えつつ、アップライトに座らせるポジションもあって、前席の開放感を生み出している。4本スポークのステアリングホイールには運転席エアバッグを内蔵。また、スピードメーターを中心として右側にタコメーター、左側に燃料&水温計が配置される。7000rpmからレッドゾーンが始まり、9000rpmまで刻まれたタコメーターが実力をアピール。

前席には、サイドサポートとニーサポートを張り出させたスポーツタイプを装着。リゾートランナーGTがどんなモデルなのか? このシートが静かに物語ってたりする。

3人掛けの2列目には前後スライド機能が与えられ、2人掛けの3列目と合わせて50:50分割でのリクライニング&前倒しが可能となっている。

フロアと座面が近く、足を抱え込むようなポジションになる3列目。ただし、居住スペースに不満はなく、両サイドにはフタ付きの小物入れ&ドリンクホルダーが用意されるなど、決して緊急用ではないところに真面目な設計ぶりがうかがえる。

また、2~3列目ではフルフラット化も可能。今どきハヤリの車中泊だってできそうだ。

セミハイルーフのリゾートランナーGTは、ルーフ前端がガラスサンルーフとなっていて電動チルトアップ機能を持つ。前席の頭上にゆとりや開放感を与えると同時に、車内の効率的な換気にもひと役買ってくれる。

運転席に座るとボンネット上のエアスクープの盛り上がりがイヤでも目に入るもんだから、ステアリングを握った瞬間、戦闘モードに突入だ。ミニバンなのに5速MTというところに違和感と、それ以上の興奮を覚えつつ走り出す。さすがトルク型の4G63、2000rpmくらいでも力強さが十分に感じられ、1470kgの車重をモノともせずグイグイと前に出て行く。

2速でアクセルを踏んでくと3500rpmくらいからパワーが盛り上がってきて、それがエンジン回転数の上昇に伴って6500rpmまで右肩上がりに高まっていく。さらに3速4速とギヤが高くなるにつれて強調されるのは中高回転域での伸びで、「ミニバンなのにこんな加速しちゃうわけ!?」と思わず身構えるくらい、コイツはマジで速い。

また、コーナリングもロールこそ大きめだけど、4輪の接地状態がわかりやすく、トラクション抜群のフルタイム4WDときてる。ロングホイールベースゆえ、特に中高速コーナーでの安定感は盤石だ。アクセルを積極的に踏んでいけるし、こんなにコーナリングが楽しいミニバンは他にない。

果たして、リゾートランナーGTの走りは予想をはるかに超えていた。これならフルで7人乗っても動力性能に不満はないんじゃないかと思う。それって“100人乗っても大丈夫!!”な、イナバの物置と同じくらいスゴイことだ。

■SPECIFICATIONS

車両型式:N43W

全長×全幅×全高:4555×1695×1670mm

ホイールベース:2720mm

トレッド(F/R):1470/1475mm

車両重量:1470kg

エンジン型式:4G63

エンジン形式:直4DOHC+ターボ

ボア×ストローク:φ85.0×88.0mm

排気量:1997cc 圧縮比:8.5:1

最高出力:230ps/6000rpm

最大トルク:29.5kgm/2500rpm

トランスミッション:5速MT

サスペンション形式(F/R):ストラット/セミトレーリングアーム

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ディスク

タイヤサイズ:FR195/65R15

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Kentaro HIROSHIMA)

取材協力:SKT 東京都あきる野市横沢欠ノ上43-1 TEL:042-519-9826

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します