現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 乗用車でバカ売れしているのになぜ? 国産メーカーがハイブリッドの教習専用車を作らないワケ

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.21

乗用車でバカ売れしているのになぜ? 国産メーカーがハイブリッドの教習専用車を作らないワケ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もはやハイブリッド車は日常に溶け込んでいる

 1997年に初代プリウスが登場して早20年以上。もはやハイブリッド車は特別なものではなく、すっかり日常に溶け込んでいる。車種も軽自動車からミニバン、SUV、スポーツカーに至るまで多くの車種に採用されているのはご存じのとおりだ。

    あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

 その一方で、これからクルマを運転する人のために作られた教習車にはハイブリッド仕様が用意されていない。先日発表されて話題となったマツダ教習車はベースにハイブリッド車がないという大きな理由があるが、カローラアクシオがベースとなったトヨタ教習車も、ホンダのグレイス教習車も、ベース車にはハイブリッド車が用意されているものの、教習車は1.5リッターのガソリンエンジンのみとなっている。

 すでに多くの台数が走り回っているほぼタクシー専用車であるJPNタクシーですらハイブリッド専用車となっているにもかかわらず、なぜ教習車はハイブリッド車が用意されないのだろうか?

 カローラでみるとHVとガソリンエンジン車の価格差は45万円!

 これはやはりコストというものが大きく影響していると言えるだろう。年間10万キロ弱を走ると言われるタクシーであれば、少々車両価格が高いハイブリッド車を導入しても燃料コストで吸収できる可能性も高いが、日常的に稼働しているものの、じつはそこまでの距離を走行しない教習車ではハイブリッド車を導入するメリットが少ないというわけだ。

 実際トヨタ教習車のベースとなったカローラアクシオだが、1.5リッターのガソリンエンジンを搭載するモデルが166万6500円なのに対し、ハイブリッドモデルは212万3000円とおよそ45万円もの価格差がある。これを複数台導入するとなれば、無視できない金額となることは明白なのである。

 とはいえ、これからは排出ガスに対しても無頓着ではいられなくなる時代がやってくるだろうから、短距離しか走らない教習車専用の電気自動車が登場してくるかもしれない。それこそ教習所構内のコースには非接触充電の送電ユニットが埋め込まれ、教習を実施しながら充電できるような形になる時代がやってくるのではないだろうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 小鮒康一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sor*****|2019/10/21 12:59

    違反報告

    よくある知ったかぶって
    実は何も知らない、ユーチューバーによくある
    資料だけ見てあれこれ言ってるだけのくだらない記事。

    そもそもハイブリッド車の教習車なんて
    とっくにあるし、この人が考えてる環境下に
    教習所があるとは限らないだろ。
  • mm3*****|2019/10/21 12:57

    違反報告

    既にプリウスやカローラハイブリッドとかホンダグレイスやシャトルの教習車がかなり増えているのが現状なのですが。
    北海道では教習車と言えばディーゼル車が当たり前の時代がありましたがトヨタやホンダを使っている教習所ではハイブリッドが当たり前になるような勢いがあります。
  • nat*****|2019/10/21 12:50

    違反報告

    普通の車と比べるとブレーキのタッチ(回生ブレーキがあるので)が微妙に違うし、当然と言えば当然という気もする。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します