現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 台風19号の被災者 運転免許証の有効期間を2020年3月末まで延長 再交付も実施へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察庁は、台風19号の被害で運転免許証を亡失した人に対して運転免許証を再交付すると発表した。

運転免許証を亡失・滅失した場合、罹災証明書がなくても申請窓口で被災状況を伝えることで運転免許証の再交付を受けることが可能。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

他県に避難された人が運転免許証の再交付を申請される場合、住民票の写しがない場合でも、避難先に同居する家族や親戚のほか、避難先の施設の責任者、ホテル支配人などによる居住証明書と、証明した人の身分証明書の写しで、再交付を受けることが可能としている。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nkg*****|2019/10/22 11:52

    違反報告

    最強の身分証明書の再発行が簡単になるのは良いとおもうが、住民票の取り寄せとマイナンバーの照会ぐらいはすべき。悪用されないことを祈る。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン