現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 打倒ホンダ「N-BOX」なるか!? スズキ「ワゴンR」はかつての輝きを取り戻せるのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■旬は過ぎた? 「ワゴンR」をはじめとしたトールワゴンの現状とは

 近年、軽自動車市場ではホンダ「N-BOX」をはじめとする、全高1800mm前後の背の高いボディと、後席両側スライドドアを装備した「スーパーハイトワゴン」と呼ばれるカテゴリのモデルが売れ筋となっています。

    スズキが新型SUV「エスプレッソ」発売! 超小型SUVで若者需要を狙う

 一方、かつて販売ランキング首位を獲得し続けた全高1700mm前後で後席ヒンジドアの「トールワゴン」と呼ばれるカテゴリの軽自動車は、いまは当時ほどの人気がないように見えますが、実際はどのような状況なのでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン