現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「シーケンシャル点火を採用して600馬力を使い切るJZX100チェイサー!」2JZのブロックに1JZのヘッドを組んだ“1.5J”で勝負!

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1.5J+T88-33Dタービンの600ps仕様

フレンズ独自のシーケンシャル点火で高回転域を安定させる

    「シーケンシャル点火を採用して600馬力を使い切るJZX100チェイサー!」2JZのブロックに1JZのヘッドを組んだ“1.5J”で勝負!

1000馬力クラスのパワーチューニングを得意としているフレンズ。当然、その技術の高さを頼って集まってくるハイパワー志向のユーザーは多く、なかには過激な仕様のオーナーカーも存在する。このJZX100もそんな1台だ。

軸となるエンジンは、2JZのシリンダーブロックにVVT-i付き1JZのヘッドをドッキングした通称“1.5J”仕様を搭載。なお、ヘッドは各種加工が施され、カムもIN&EXともに264度のハイリフトタイプに変更済みだ。(web option)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン