現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 400 GTの後継車としてデビューした「イスレロ」(1968-1969)【ランボルギーニ ヒストリー】

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Lamborghini Islero

ランボルギーニ イスレロ

    400 GTの後継車としてデビューした「イスレロ」(1968-1969)【ランボルギーニ ヒストリー】

400GTよりも居住性を高めたイスレロ

ランボルギーニが400 GTの生産を1968年に中止しなければならなかった背景のひとつには、当時ランボルギーニからボディの生産を請け負っていた、カロッツェリア・トゥーリングの解散が大きな理由としてあった。トゥーリングの技術力を高く評価していたフェルッチオ・ランボルギーニは、400 GTの後継車ももちろんトゥーリングにボディ製作を依頼する意思を固めていたというが、残念ながらその計画は実を結ぶことはなかった。(GENROQ Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sa_*****|2019/10/20 20:52

    違反報告

    スーパーカーブームの時は
    ほとんど知られていませんでしたが
    後日実車を見た時は
    やはりスーパーカーではなく
    その後日本で流行するスペシャリティーカー
    のようでした。
  • npc*****|2019/10/20 18:53

    違反報告

    10年くらい前のことです。外でただならぬエンジン音。V8じゃない、もしかしてV12?
    窓から見えたのはマセラティ?いや違う。電動門扉が開くのを待つ姿はもしかして・・・イスレロ?そう、ご近所にイスレロが!
    残念ながら今は手放されたようですが、この目で目撃できたのは凄い幸運でした。またどこかであのエキゾチックな姿に逢いたいです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン