現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > XEAM、大容量バッテリー搭載の新型EVスクーター発表へ…東京モーターショー2019

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MSソリューションズは、10月24日から11月4日まで東京ビッグサイトなどで開催される「東京モーターショー2019」に出展し、電動バイク「XEAM(ジーム)」の新車種『N-GT』を発表する。

今回発表するN-GTは、中国 Niu Technologies社が発売し、欧州で高い評価を得ている電動スクーター。電動車を専門取り扱うプロディーラーXEAMにより日本仕様となり、日本に上陸する。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

NGTは、シート下のスペースと足元の2か所に大容量リチウムイオンバッテリーを搭載。従来モデルより速く、長く走れるハイパワーモデルだ。最高速度は70km/h。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mic*****|2019/10/20 19:37

    違反報告

    日本のメーカーは、気が付くと中国メーカーに追い越されてるだろうね。
  • ken*****|2019/10/20 20:20

    違反報告

    0.6kw以下で50cc扱いというのを改正してほしい。
    0.6kwのモーターじゃ50ccエンジンと同じ走りは出来ないです。
    乗ってみれば分かります。すごく非力です。
    記事にあるピンクナンバーの1kw仕様の走りがちょうど50ccエンジンのバイクと同等くらい。

    しかしだいたいの市販されている50ccバイクは4ストで4~5馬力くらいはあるのに
    0.6kw換算じゃ1馬力も無いって事になる。
    そりゃいくらモーターのトルクがとか言うても非力な訳ですな。
  • yuk*****|2019/10/20 21:16

    違反報告

    規格も統一の動きが出来てきて ”これから日本もEV” では既に乗り遅れだね!

    経産省がさっさとEV関連の規格を立案しないからこんなことに、やはり自動車庁をつくつて
    日本の自動車問題解決していかないとダメだね、経産省を縮小してでも!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン