現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【グループAの名車04】GT-R活躍の布石となる「スカイラインRSターボ」が海外勢を迎え撃つ!

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のモータースポーツシーンで外すことができないマシンにスカイラインがある。1985年のインターTECには、スカイラインRSターボが参戦した。いわゆるハコスカGT-R以来、久々にツーリングカーレースに戻ってきたわけだが、その年のインターTECではボルボ240ターボ、BMW635CSi、スタリオンに次ぐ5位に入賞した。

ニスモが開発したスカイラインRSは高性能でリーズナブル!
1985年の全日本ツーリングカー選手権に参戦したスカイラインRSターボのグループA仕様は、事実上の日産ワークスであるニスモが開発した。(Webモーターマガジン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • wqn*****|2019/10/19 18:30

    違反報告

    5位と聞けば聞えはいいが、実際、ボルボ、フォードシェラのトップスピードにも及ばず、
    インターテックの中継テレビを見ていた高校生の私は、『スカイライン、国内で速くても海外勢には叶わないな。』と真摯に思った。屈辱的な敗北のインターテック。
  • kot*****|2019/10/19 18:39

    違反報告

    今見ても早さは別としてこの直線基調のスタイリング最高にカッコいい!個人的にはハコスカとこのR30が一番スカイラインって感じがします。金さえあれば…
    ユーティリタスで綺麗なR30買うな。
  • mut*****|2019/10/19 19:59

    違反報告

    これよりも、シルエットフォーミュラーの方が印象的。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン