現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【絶版名車インプレッション】YAMAHA RD350(1973年)

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.19

【絶版名車インプレッション】YAMAHA RD350(1973年)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

軽くて速くて曲がって… 操作の面白さはピカイチ
エンジンのパワーバンドを使った走り方。スロットル、クラッチ、シフトの連携。意図的な逆操舵によるコーナリングなど、オートバイを「操る」という面白さ、難しさを16歳の僕に教えてくれたのが73 年型のRD350。

逆に「オートバイとはこういうものだ」と刷り込まれたのかもしれない。いまだにライダーの意志に素早く反応するハンドリングや、回転によって表情を変えるエンジン特性が好みなのはRDから受けた影響が大きいのだろう。

    東京モーターショー2019のヤマハブースはすごいことになりそう!

僕がRD350を選んだのは、たまたま程度が良くて安く買える車両があったからで、ヤマハ党だったわけでも、2ストファンだったわけでもない。そもそも当時の僕は2ストと4ストのメカニズム的な違いさえロクに判らず、「2ストはエンジンオイルを消費して煙を吐くけれど、同じ排気量なら4ストより車体が軽くて馬力もある」という程度の認識しかなかった。

ただ、少し年上のオートバイ乗りからYDS-1やDS6、DXといったヤマハの2スト250cc車が、ホンダの4スト車より優れているという話はよく聞かされていた。なにしろ軽くて速くて、鋭く曲がって止まる。ヤマハの2ストは世界一なのだ、と。

当時のバイク仲間に人気があったのは、2ストならGT380や350SS、4ストならCB500、750とZ2(750RS)。シンプルゆえに地味なデザインの車体に、性能優先の2気筒エンジンを積んだRDはさほど注目されなかった。一年落ちが半額以下で買えたのも、人気がなかったからだろう。でも僕は、RDに乗り込むほどに「見た目は地味だけど走りの性能はピカイチ」というところが大いに気に入った。

現代のレベルから見てもシャープな操縦性に驚愕
今回試乗させていただいたRD350は深緑色の73 年型で、僕が乗っていたものと同じ。低めのコンチネンタルハンドルに換装されている点も同じで、自分のRDがタイムスリップして現われたような気がした。

燃料コックをONにしてからキャブレター横のスターターレバーを引き、スロットルを僅かに開いてキックペダルを踏み下ろす、という一連の始動操作は体が覚えていた。バランッ!という始動時の排気音も、回転を上げるとビンビンと響く冷却フィンの共振音も変わらない。

普段ほとんど乗っていないという車両なので、走り出してしばらくはプラグがカブリ気味。排気音も湿っていたが、徐々に回転を上げて走っているうちに乾いた音へと変わり、6000回転からの強力なダッシュ力も取り戻した。高回転の伸びはないが、充分に速い。

多くの人がスポーツモデルの2ストエンジンに対して持っているイメージとは異なり、低回転域のトルクもある。この粘り強い特性があるからこそ、6速発進が可能だったのだ。

前後サスペンションのダンパーが抜け気味で、本来のコーナリング性能は発揮させられなかったが、今のレベルで見てもハンドリングは軽くてシャープだし、フロントブレーキの効きも充分。40 年前のオートバイという古臭さや危うさはなく、いまどきのバイアスタイヤに交換してサスペンションをオーバーホールすれば普通に乗れる。

文:太田安治 写真:松川 忍
車両協力: ウエマツ

【絶版名車インプレッション】をまとめて見る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します