現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【C-HR初マイチェンでGRスポーツとMT追加】奪還めざせSUV王座

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.20

【C-HR初マイチェンでGRスポーツとMT追加】奪還めざせSUV王座

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタの人気コンパクトSUV、C-HRをマイナーチェンジし、2019年10月18日に発売開始した。

 2016年12月の登場後初のマイナーチェンジとなる。今回のマイナーチェンジの主なハイライトは3つ。エクステリアのデザイン変更と、トヨタGAZOO RACINGが手掛けるGR SPORTS、1.2Lターボ車に6速iMTを新設定したことだ。

    【各車推奨グレード付き】カローラツーリングとカローラスポーツはどっちがお薦め?

 細かいところでは、スマートフォンとの連携と可能としたディスプレイオーディオ(DA)や車載通信機(DCM)、インテリジェントクリアランスソナー(Dなどをオプション設定するなど、装備の充実化を図っている。

 C-HRは2016年12月の発売以来、2017年、2018年とSUV販売ナンバー1を獲得しているが、2019年4月に登場したRAV4に2019年4月以降、ナンバー1の座を奪われている。

 今回のマイナーチェンジによって、RAV4からSUVナンバー1の座を奪還できるのか? 流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、マイナーチェンジ情報と合わせて、販売の現場、ディーラーマンにも徹底取材、今後のSUV販売の行方についても解説する。

文/遠藤徹
写真/トヨタ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】どこが変わった? マイナーチェンジしたC-HR&GR SPORTS

エクステリアは小変更にとどまる

開口部が広くなったフロントバンパー開口部とフロント上部に設置されたフロントフォグランプが特徴

こちらがマイナーチェンジ前のC-HR

 2017年、2018年と2年連続でSUV人気ナンバー1の座を獲得したC-HRの人気の要因の一つとなっている、スペシャルティクーペのようなデザイン。

 今回のマイナーチェンジでは一見すると、どこが変わっているか、わからないほどの小変更にとどまっている。

 具体的にはエアインテークを左右に広げ、ワイドスタンスを強調するとともに、フロントフォグランプをエアインテーク上部に配置(G、G-Tグレード)。

 ヘッドランプは上部に長く伸びるLEDクリアランスランプには右左折時に車両内側から外側に流れる点灯するシーケンシャルランプとなり(G、G-T、S”GR SPORT”、S-T ”GR SPORTS”)、S、S-Tについてはパラボラ式LEDを採用した。

 リアコンビランプは右左折時に車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルターンランプを装備する。

 ボディカラーは新規設定色、エモーショナルレッドII、オレンジメタリックなど8色を含む全16色を設定(モノトーン8色、ツートーン8色、”GR SPORTS”は全11色)。内装色は新たにオーキッドブラウンを新たに設定した。

精悍なスポーツグレード”GR SPORTS”を新設定

アグレッシブなフロントマスクを持つGR SPORTS

 これまでプリウス、ヴィッツ、ノア、ハリアーなどに設定されてきた、トヨタGAZOOレーシングが手掛けるスポーツブランドのGRがC-HRにも設定された。

 エンジン本体には手が加えられていないが、大開口部のエアインテークや大型フォグランプを備えるフロントマスクをはじめ、フロントフロア下にトンネルブレースを追加しボディ剛性を強化し、操舵応答性の向上やフラットな乗り心地とスポーティな走りを両立したほか、GRがチューニングした足回りや19インチタイヤを装着したことにより、大幅に走りの性能がアップしている。

GR SPORTSのコクピット。専用本革巻き3本スポークステアリングを装着。内装色はGR専用のブラック

GR SPORTS専用スポーツシート。GRエンブレムとシルバーダブルステッチが入る

■C-HR”GR SPORTS”の主な装備内容
●機能
・GR専用トンネルブレース
・GR専用チューニング:フロント&リアのコイルスプリング&ショックアブソーバ&スタビライザー&電動パワーステアリング
●エクステリア
・GR専用フロントデザイン(フロントバンパー、大開口アンダーグリル、アンダーガード、大型フォグランプ、ベゼル)
・GR専用フロントエンブレム(フロント、サイド、リア)
・GR専用トヨタエンブレム(リア:アクリル+ブラック)
・225/45R19タイヤ&7.5J×19インチ専用アルミホイール
●インテリア
・GR専用本革巻き小径3本スポークステアリング(シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部のダークメタリック塗装)
・インストルメントパネル加飾&ドアインナーガーニッシュ(GR専用金属調ダークシルバー塗装)
・専用スポーティシート(GRエンブレム+シルバーダブルステッチ付き)
・アルミペダル
・GRロゴ付き専用スタートスイッチ
・内装色はGRロゴ付き専用ブラック

GR SPORTSの追加によってどこまで販売台数が伸ばせるか? SUVナンバー1の起爆剤になってくれるのか? いずれにしても走りは相当期待できそうだ

6速iMTを新設定!

1.2Lターボに、6速iMTが新設定された(写真はカローラスポーツの6速iMT)

 カローラスポーツの1.2Lターボに設定された6速iMTがC-HRの1.2Lターボにも新たに設定された。iMTとはインテリジェント・マニュアルトランスミッションの略で、トヨタとアイシンエーアイが共同開発したもの。

 発進時にエンストしないよう補助してくれる発進アシスト機能やシフトダウン時に自動的にエンジン回転数を合わせる自動ブリッピング機能を備えていることが特徴だ。

 発進時のアシスト機能は、ドライブモードセレクトでSPORTモードを選択するとiMTがスタンバイ状態になる。この状態で変速動作(クラッチ操作、シフト操作)を検出すると、変速後のエンジン回転数を合わせるよう制御することでスムーズな変速フィーリングをアシスト。

 また、発進アシスト機能はすべてのドライブモードで作動。発進時のクラッチ操作を検出し、エンジン出力を最適に調整(トルクアップ)することでクラッチのみでの発進操作をよりスムーズに行えるようにしている

  自動ブリッピング機能はスポーツドライビングの時に頼もしい装備だ。MTでシフトダウンしてコーナーに進入する際、右足でブレーキペダルを踏みながら左足でクラッチペダルを踏み、シフトダウンしながら右足の踵でアクセルペダルを踏んでエンジン回転を上昇させて、シフト操作のショックを解消する行為「ヒール・アンド・トゥ」は、スポーツドライビングの醍醐味だが、iMTはこのブリッピングを自動で行ってくれるのだ。 知らないユーザーにMTの楽しさを体感してもらうには、この高等テクニックを疑似体験できるのは大きい。

パワートレインの変更はなし!

 2種類のパワートレイン、1.2L、直4ターボ(116ps/18.9kgm)と、1.8LハイブリッドTHSII(エンジン:98ps/14.5kgm+モーター:72ps/16.6kgm)に変更はない。GR SPORTSのパワートレインも標準車から変更はない。

■C-HR G(ハイブリッド)主要諸元
全長4385×全幅1795×全高1550mm
ホイールベース:2640mm
エンジン:1797cc直4
エンジン最高出力:98ps/5700rpm
エンジン最大トルク:14.5kgm/3600rpm
モーター最高出力:72ps
モーター最大トルク:16.6kgm
トランスミッション:電気式無断変速機
WLTCモード燃費:25.8km/L
市街地モード:24.7km/L
郊外モード:28.6km/L
高速道路モード:24.6km/L
JC08モード燃費:30.4km/L
価格: 299万5000円

■C-HR S-T 主要諸元
全長4385×全幅1795×全高1550mm
ホイールベース:2640mm
エンジン:1196cc直4ターボ
最高出力:116ps/5200~5700rpm
最大トルク:18.9kgm/1500~4000
トランスミッション:6速iMT
WLTCモード燃費:15.4km/L
市街地モード:12.2km/L
郊外モード:15.6km/L
高速道路モード:17.2km/L
JC08モード燃費:15.2km/L
価格:236万7000円

欧州でラインアップされている2Lハイブリッドは今回のマイナーチェンジでは搭載されなかった

安全装備とコネクティビティ装備の充実

スマートフォンとの連携を可能としたディスプレイオーディオや車載通信機DCMをオプション設定

 C-HRにはプリクラッシュセーフティ、レーンディパージャーアラート、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールを含むトヨタセーフティセンスを全車標準装備しているが、さらに安心・安全装備を充実させている。


 具体的には駐車時に静止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)、駐車場での後退時に左右後方から接近する車両を検知し、衝突の可能性がある場合、ブレーキを制御するリアトラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ)、車両を上から見たような映像をディスプレイ画面などに表示する、パノラミックビューモニターなどの安全機能をオプション設定可能としている。

 コネクティビティに関しては、アップルカープレイやアンドロイドオートなどスマートフォンとの連携を可能としたディスプレイオーディオ(DA)や車載通信機DCMを全車標準装備としている。

価格は1万1556~6万7593円のアップ

 C-HRの価格帯は240万~309万5000円。マイナーチェンジ前の同グレードと比べると、STが6万7593円のアップ、G-T、S、Gが1万1556円のアップとなっているが、装備の充実を考えるとほぼ横ばいだろう。

 注目の6速iMTは1.2LターボのS-T、G-T、S-T”GR SPORTS”に設定されており、CVTに比べ3万3000円安となっている。

 GR SPORTSは、1.2LターボのS-T GR SPORTSは273万2000円。1.8LハイブリッドのS ”GR SPORTS”は309万5000円となっている。

 価格差は1.2LターボのSTとST”GR SPORTS”、1.8LハイブリッドのSとS”GR SPORTS”ともに36万5000円となっている。

■C-HRの価格とラインアップ
●1.2Lターボ
■S-T 2WD スーパーCVT-i=240万円、6速iMT=236万7000円、4WD スーパーCVT-i=259万8000円
■G-T 2WD スーパーCVT-i=266万5000円、6速iMT=263万2000円、4WD スーパーCVT-i=286万3000円
■S-T ”GR SPORTS” 6速iMT 2WD=273万2000円


●1.8L、THSIIハイブリッド
■S 2WD=273万円
■G 2WD=299万5000円
■S ”GR SPORTS” 2WD=309万5000円

マイチェンによってSUVナンバー1の座を奪還できるか?

サイズがまったく違うRAV4にSUVナンバー1の座を奪われてしまった

10月18日にデビューするマイナーチェンジ版のC-HRの販売がどこまで伸びるか?

 C-HRは2019年4月の新型RAV4登場で、SUVナンバー1の座を奪われている。今回のマイナーチェンジよってその座を奪還できるかどうか注目したいところ。

 RAV4はC-HRよりも20万~80万円も高いアッパーミディアムモデルだから、ごく普通に考えればC-HRの方が量販では優位であり、トップセラーへの返り咲きは直ちに可能と予想できる。

 しかしながら今回はそう簡単には奪還できないだろう。RAV4の人気はまだ衰えをみせておらず、納期が3ヵ月待ちの状態で多数のバックオーダーを抱えており、増産し供給状況は良くなっているので当面は高水準の販売推移となる見通し。

 対するC-HRは2019年10月中旬現在で改良モデルの生産は本格化しておらず、成約車の納期は2019年12月中旬以降になっている。

 従来モデルの在庫はハイブリッド車がまだかなり残っており、1.2Lターボはすでに売り切っている。つまり供給状態が完全ではないため本格的な反転攻勢は2020年に入ってからと思われる。

 RAV4は現在、全国規模ではカローラ店とネッツ店の併売でスタートしている。

 これが2020年5月からはトヨタ店とトヨペット店も加わり「トヨタモビリティ」に1本化され、RAV4へのセールスパワーは倍増に拡大するので、新型車効果に多少ブレーキがかかるものの当分は高水準の販売がキープできる可能性がある。

 今回のマイナーチェンジではフロントを中心としたエクステリアデザインの一新で見映えが良くなり、走りも1.2Lターボに6速MT車やカスタマイズモデルのGR SPORTSの追加などで10%以上の上乗せ効果が期待できる可能性がある。

 これら新規設定車自体はそれほど拡販に貢献できなくても、ユーザーの来店増加で商談機会が増えるので、これによるシリーズ全体の販売増も期待できるはず。最近の量販モデルは新型車発売後3年経過でビッグマイナーチェンジするケースが多い。

 コンパクトミニバンのシエンタは2018年9月にビッグマイナーチェンジし、2列シート5人乗り車を加えるなどして、商品ラインアップを強化したことで、以降好調な販売に転じている。

 最近はフルモデルチェンジに匹敵する販売ボリュームとなっている。この結果、シエンタは登録車での販売ナンバー1を2019年8~9月で連続して確保している。C-HRが同じような人気回復を図ることも十分に考えられる。

 ただ、SUVカテゴリーは今後ニューモデルラッシュが続く。2019年11月5日に新型コンパクトSUV、トヨタライズ&ダイハツロッキーを発表、発売。

 2020年中盤にはハリアーを発売予定。ほぼ同時期に日産がエクストレイル、年末にはホンダヴェゼルをそれぞれフルモデルチェンジするので、トップセラー争いは激化する。

 こうしたなかで、RAV4からナンバー1の座を奪還することはなかなか厳しいが、RAV4がある程度顧客に一巡する、2019年末から2020年中盤にかけて、再びSUVナンバー1の座を奪還するのではないだろうか。

 最後にC-HRがRAV4からSUVナンバー1の座を奪還するのか、トヨタの営業マンはどう見ているのか直撃してみた。

RAV4が登場する前はC-HRとSUVナンバー1の座を争っていたホンダヴェゼル

証言1:首都圏トヨタ店営業担当者

 「現時点では従来C-HRの在庫と改良モデルの事前受注を平行して行っている状況です。従来モデルの在庫は完全になくなるのは2019年10月下旬あたりから、マイナーチェンジはそれからの本格販売になるので、立ち上がりはスローなスタートにならざるを得ません。今回はビッグなマイナーチェンジで、6速iMTやGRスポーツも設定されるのでRAV4を早い段階で抜き返すことはそれほど難しくないでしょう」。

証言2:首都圏トヨペット店営業担当者

 「マイナーチェンジするC-HRはSUVナンバー1の座への返り咲きは可能だとは思いますが、長く続けるのは難しいかもしれない。RAV4だけでなく、他のライバル車も新型を投入し拡販を目指しているからです。C-HRのような尖ったモデルは長期間に売り続けるのは大変な努力が必要になると思います。SUV市場はまだまだ拡大の余地がありますが、新型車ラッシュが続き、シェア争いが激化の一途を辿ると思われます」。

証言3:首都圏カローラ店営業担当者

 「今回のマイナーチェンジはかなり中身が濃いので、本格的な販売をスタートさせればトップに返り咲くことはできると予想しています。現行モデルはハイブリッド車の在庫はまだ残っていますが、ターボは売り切ったので、改良モデルはこちらから売り込みを強化しているところです。GRスポーツは購入者が限られるが、MTはかなり期待が持てると受け止めています」。

証言4:首都圏ネッツ店営業担当者

 「RAV4はもともとネッツ店の専売モデルなので潜在ユーザーは多いです。ただC-HRは最初からトヨタの全系列店扱いで競争が激しく、値引きが拡大しやすく収益度は低いですね。したがって、今後とも利幅の大きいRAV4を重点的に売りたい気持ちが強いです」。

【画像ギャラリー】どこが変わった? マイナーチェンジしたC-HR&GR SPORTS

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 小野正樹)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します