現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ「E4-01」(2005年)~忘れられないコンセプトモデルたち~【東京モーターショー2019直前特別企画 Vol.04】

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.19

ホンダ「E4-01」(2005年)~忘れられないコンセプトモデルたち~【東京モーターショー2019直前特別企画 Vol.04】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月24日(木)に開幕する東京モーターショー2019。今年はどんな驚きがあるのか、楽しみですね! webオートバイでは開幕直前特別企画として、過去のショーで注目を浴びたコンセプトモデルをご紹介していきます!

ホンダ E4-01(2005年)
スーパースポーツとスクーターを合わせたようなニュージャンルのマシンとして登場!
一見するとビッグスクーターのようだが、200kgを切る車体と前後17インチタイヤを採用し、1台でスクーターとツアラー、さらにスーパースポーツのパフォーマンスを持たせたニュージャンルのコンセプトモデルだった。

    Honda「レブル250」が2019年上半期〈販売台数1位!〉人気の秘訣を再検証

E4は「エレガンス」「エキサイトメント」「エンジョイメント」「イージー」の頭文字をとったもので、ショーモデルのあまりの完成度の高さに「市販前提モデル」と報じた海外のメディアもあったほどだ。

開発コンセプトは「オートマチックスーパースポーツ」で、テールカウルにはヘルメット収納スペースが設けられたボックスとなっていた。こういった「ニュージャンルコンセプト」バイク開発は今後も続いていくのだろう。

文:中村浩史

【東京モーターショー2019】ホンダは注目車両がいっぱい!
月刊『オートバイ』では、大特集を展開!

オートバイ 2019年11月号 [雑誌]
オートバイ 2019年11月号 [雑誌]
posted with amazlet at 19.10.17

モーターマガジン社 (2019-10-01)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(webオートバイ webオートバイ編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します