現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 10月1日に自動車税の中身が変わっても、古いクルマが冷遇され続けている現状に思うこと

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.19
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風15号、19号で被災された皆さんへお見舞い申し上げます。

特に、被害に遭われた方、大切にされてきたクルマが水没してしまった方の心中は察するに余りあります。

    平成最後の桜を愛でながら、古いクルマのオーナーの1人として感じたこと

筆者自身、今回の台風関連の映像を見るたびに、過去に東日本大震災の直後、女川へボランティアへ行かせていただいた際、山の上に流され、横転したクルマを見て本当に心を痛めたことを思い出します。そして、胸がしめつけられる思いでいっぱいです。(カレントライフ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rin*****|2019/10/19 06:35

    違反報告

    走行税…
    たくさん走る人はガソリンもたくさん入れているわけで、それに対してすでにガソリン税と消費税でリッター当たり60円ぐらいを払っている。さらに税金を課すって何だかおかしくないですかね。地方は本当に移動手段ないんですよ。やるなら都会の電車にも賦課しないとバランス取れなくないですか?
  • adg*****|2019/10/19 06:14

    違反報告

    車業界の圧力と行政の金稼ぎの両方のメリットで税金下げるわけがない。特に日本人は金にがめついから、消費税とか上げることしか考えてない。下げることなんてまず考えないよ、日本人は。
  • taz*****|2019/10/19 06:29

    違反報告

    車と同じように古い建物の固定資産税も高くしてみれば良い、モノを大切にする意味がわからない日本人は居ないでしょ。趣味で複数台持つ方は2台目からは加算とか、あるいは車検の有効期間を延長するとかして欲しい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン