現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > プジョー・シトロエン・ジャポンが「PEUGEOT SHOW 2019 - UNBORING THE FUTURE-」を10月19~26日まで六本木ヒルズで開催

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.18

プジョー・シトロエン・ジャポンが「PEUGEOT SHOW 2019 - UNBORING THE FUTURE-」を10月19~26日まで六本木ヒルズで開催

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョー ブランドを体感できる独自のイベント「PEUGEOT SHOW 2019 - UNBORING THE FUTURE-(アンボーリング・ザ・フューチャー)」を2019年10月19日(土)~26日(日)に東京・港区の六本木ヒルズ 大屋根プラザとヒルズカフェ/スペースで開催する。(タイトル写真はイメージです)

2020年に導入予定の新型208やe-208も参考展示
残念ながら東京モーターショー2019には出展しないプジョーだが、独自のイベントを六本木ヒルズで開催する。日本での販売台数は4年連続で前年を上回り、2019年は15年ぶりに1万台の突破を目指しているプジョー。世界的には、2025年までには全ラインアップに何らかの電動車(フルEVだけでなく、PHEVなども含む)を設定すると公言している。

    判明した! ヴィッツ改めヤリスのアウトライン

そんなプジョーが日本で開催するイベント「プジョー ショー2019 - アンボーリング・ザ・フューチャー」。このタイトルは「退屈な未来は要らない」という意味で、プジョーの新しいブランドビジョンでもある。テクノロジーに支配されず、感動にあふれたクルマ創りを続けていくというプジョー ブランドの想いであるという。

今回のイベントでは、そんな「アンボーリング・ザ・フューチャー」を具現化した、新型208、BEV(電気自動車)のe-208、そして日本初導入が発表されたばかりの新コンセプトMPV リフターのお披露目、さらにフラッグシップ サルーンの508や人気SUVの5008などの現行車種も展示される。また、308SW、508、3008の各モデルに会場周辺で試乗もできる。

■新型208
2019年3月のジュネーブ モーターショーでワールドプレミア。日本仕様の詳細は未定だが、展示車は1.2Lターボ+8速ATの組合せ。プジョーの新デザイン言語と新コンパクトプラットフォームCMPを採用し、最新の先進運転支援機能や新世代の3D i-コクピットを備える。

■e-208
内燃機関の208と同時に発表された、フルEVの208。136hp/340Nmを発生するモーターを搭載し、最高速度は150km/h。バッテリー容量は50kWhで、フル充電なら340kmの走行が可能。普通充電とCHAdeMOの急速充電の両方に対応している。

開催日時は、10月19日(土)~26日(日)の11時~20時。体験試乗は、11時~18時。
会場は、六本木ヒルズの大屋根プラザとヒルズカフェ/スペース。
入場は無料だ。

新型208とe-208の正式な日本導入は2020年の第3四半期、リフターも第3四半期後半(夏ごろ)が予定されている。この機会を逃すと、しばらくは日本で実車を見られないだろうから、プジョー ファンはもちろん、クルマ好きなら覗いてみることをオススメする。

[ アルバム : プジョー ショー2019 - アンボーリング・ザ・フューチャー はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します