現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ヤリス」は黒豆だった? 後席空間を割り切ったトヨタの想いとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.18
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■小ささへこだわったヤリスは、成熟した先進国向けに開発

「これは、KUROMAMEです」

    ホンダ新型「フィット」を先行公開! デザイン変更や新たなHVシステム搭載など大幅進化

「ヴィッツ」改め、トヨタ「ヤリス」のデザイナーは開口一番、そういいました。外観イメージを黒豆にした、というのです。

 その真意は、ギュッと凝縮感があって、面に張りがあって、食べて(=乗って)も中身がぎっしり詰まっていて美味しい。

 デザインキーワードは「B-Dash ! 」。大胆(BOLD)、活発(BRISK)、美(BEAUTY)と、それぞれの頭文字をとって、今にも走りだしそうな雰囲気を具現化しました。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン