現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「ヤリス」は黒豆だった? 後席空間を割り切ったトヨタの想いとは

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.18

トヨタ新型「ヤリス」は黒豆だった? 後席空間を割り切ったトヨタの想いとは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■小ささへこだわったヤリスは、成熟した先進国向けに開発

「これは、KUROMAMEです」

    ホンダ新型「フィット」を先行公開! デザイン変更や新たなHVシステム搭載など大幅進化

「ヴィッツ」改め、トヨタ「ヤリス」のデザイナーは開口一番、そういいました。外観イメージを黒豆にした、というのです。

 その真意は、ギュッと凝縮感があって、面に張りがあって、食べて(=乗って)も中身がぎっしり詰まっていて美味しい。

 デザインキーワードは「B-Dash ! 」。大胆(BOLD)、活発(BRISK)、美(BEAUTY)と、それぞれの頭文字をとって、今にも走りだしそうな雰囲気を具現化しました。

 開発主査はプレゼンの冒頭に「小ささのこだわり」について語りました。
 
 確かに、最近の各メーカーのコンパクトカーと比べるとヤリスはかなり小さく見えます。ボディ後部が一気に絞り込まれていて、まるで3ドアハッチバックのような感じの5ドア車です。
 
 実際の寸法は、全長3940mm(前モデル比-5mm)×全幅1695mm(前モデルと同じ)×全高1500mm(前モデルと同じ)ですが、フロントガラスとリアガラスが前モデルよりかなり傾斜がつけられています。
 
 広報資料に目を通し各部門のプレゼンも聞いたところ、新車の説明でよく使われる「居住性」という言葉が一度も出てきませんでした。
 
 トヨタの調べによると、日本でコンパクトカーと呼ばれるBセグメントのクルマは、ほとんどの場合1名乗車か2名乗車で使用される傾向にあるといいます。これは日本市場でも世界市場でも同じ傾向にあるそうです。
 
 つまり、まず乗車することのない後席の居住性をある程度割り切っているのです。

 ただし、若者が後席含めてフル乗車しても、車内で窮屈にならないように心掛けた、とのことです。一見すると後席が狭い印象を受けますが、「外から見るより、なかは広いのでビックリする」とデザイナーはいいます。

 ちなみにこうした黒豆ヤリスですが、メーカーがカタログなどでイチオシとする訴求色は黒ではなく、赤とピンクです。

 刺激的な新規開発色「コーラルクリスタルシャイン」と、歴代ヴィッツで培ったピンクを彷彿させる、こちらも新規開発色「アイスピンクメタリック」を、2枚看板としてプッシュしています。
 
 カラーに対するキーワードは、「ジェイ・ファッシネーティング」。「日本文化の独創性と遊び心を活かしたアクティブかつ上質さ」を狙ったといいます。

■インドでスズキから学んだ失敗体験も踏まえたヤリスの世界戦略

 新型ヤリスは、先代モデルに比べて全長のみ5mm短くなっているだけですが、実際に見るともっと小さい印象を受けます。普通、デザインで実際の寸法より大きく見せることが多いのですが、新型ヤリスは逆に小さく見せているのはなぜでしょうか。

 新型ヤリスの発表の際に、Aセグメントなどより小さいクルマについては、トヨタのグループ企業であるダイハツが主体となり日本を含めた世界市場向けに開発すると説明しています。さらにBセグメント以上は、ダイハツからの知見を得てトヨタが主体となる、としています。
 
 そのうえで、世界的なトレンドとして、Bセグメントのボディサイズは大型化する傾向にあり、カローラやフォルクスワーゲンゴルフが属するCセグメントに近くなるような流れがあるなか、「あえて、ヤリスはコンパクトなイメージを追求した」と主張するのです。

 こうした小ささのこだわりについて、筆者(桃田健史)はインドなど新興国向けのAセグメント車「エティオス」で、トヨタが味わった苦い経験が影響しているのではないかと考えます。
 
 エティオスは2011年に発売された、高級路線を狙ったAセグメントのクルマだったのですが、結局は中途半端に車両価格が高いクルマとなってしまったことが原因で、トヨタが重要視していたインド市場でスズキに惨敗してしまいました。
 
 インド現地でトヨタのインド法人の社長(当時)から、インド市場開拓の難しさとスズキの商品と事業戦略のすごさに関して筆者は聞いたことがあります。
 
 このときのエティオスによる苦い経験が、トヨタとスズキによるインド国内でのEV事業の協業を生み、その後、2社の事業連携が強化されたのです。
 
 新型ヤリスの発表会では、世界の自動車市場のシェアについても言及がありました。
 
 初代ヴィッツが発表された1999年は先進国が75.8%、新興国が24.2%だったのに対して、20年後の2019年には先進国が43.5%、新興国が56.5%となり大きく先進国を追い抜きました。

 こうした情勢を踏まえ、AセグメントやBセグメントなどのコンパクトカーの在り方が大きく変わってきています。
 
 トヨタとしては、新興国向けのAセグメントはダイハツとスズキに任せ、これまでのBセグメントの考え方を大きく変える必要があったため、トレンドとは相反する小さくても中身が凝縮した黒豆ヤリスという発想にいたったのではないでしょうか。
 
 ヴィッツあたらめ、日本でも世界市場と同じヤリスという名に変わったことには大きな意味があるのです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 桃田健史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します