現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > WHILL:羽田空港における次世代型電動車椅子の自動運転の試験走行を実施

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.18

WHILL:羽田空港における次世代型電動車椅子の自動運転の試験走行を実施

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WHILL、日本航空、日本空港ビルデングは、空港利用の全ての人にシームレスな移動を提供することを目的に、自動運転パーソナルモビリティ(次世代型電動車椅子)の共同プロジェクトとして、羽田空港での電動車椅子の試験走行を実施する。2020年度中の空港における自動運転パーソナルモビリティの商業化・実用化を目指す。

「WHILL自動運転システム」は、WHILLが開発する、デザイン性と走破性に優れたパーソナルモビリティに自動運転・自動停止機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」と、複数の機体を管理・運用するシステムから構成される、歩道・室内領域のための自動運転システム。搭載したセンサー群で周囲の状況を検知して、自動停止を行うとともに、あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせ、自動走行を行う。空港をはじめ、駅、商業施設などの大型施設での利用を視野に入れている。

    NEDO、国際石油開発帝石、日立造船:CO2活用メタン合成試験設備を完成、試運転開始

【試験走行概要】
■実施期間:2019年11月2日(土)~11月3日(日)
■実施場所:羽田空港第1ターミナル南ウイング(3-9番搭乗口とコンコース間)
■実施内容:
長距離の歩行に不安を感じ(車椅子利用者を含む)、かつ自動運転パーソナルモビリティの乗車を希望する人に対して、WHILLが開発する自動運転技術を搭載したパーソナルモビリティ(「WHILL自動運転システム」)を利用してもらい、搭乗口まで案内
■利用対象:JALグループ便に搭乗し、車椅子の利用を希望する人

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します