現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 台風19号による被災車両は約10万台、損害車買取のタウが災害対策本部を設置

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.18

台風19号による被災車両は約10万台、損害車買取のタウが災害対策本部を設置

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損害車買取のタウは10月16日、台風19号の被災地域に「災害対策本部」を設置し、水害車両の引き取り対応を強化すると発表した。

台風19号により水害を受けた車両は、約10万台(同社調べ)と見込まれる。水害車両は被災地の交通インフラの復旧を妨げる要因の一つにもなり、その処分が大きな課題となる。また、室内が浸水しエンジンがからない状態の車は100万円以上の修理費用がかかるケースが多く、ディーラーなどでは下取り価格も付かないため、被災者には大きな経済負担となる。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

このような状況を受け、同社は災害対策本部を設置し、台風19号で発生した水害車両の引き取り・保管に迅速に対応する。なお、今回の災害による同社の総引取台数は約1万5000台と予測。災害対策本部では、引き取った車両を一時的に保管しておくための臨時モータープールを、特に被害の大きい地域に最大7か所設置し、総勢100名以上の社員を現地へ派遣し、水害車両の引取体制を強化する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します