現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマの乗り心地はシートで変わる?? シートの開発裏事情とは一体? 

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.17

クルマの乗り心地はシートで変わる?? シートの開発裏事情とは一体? 

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シート設計は、自動車開発の中でも、最も難しいアイテムだ。

 なぜなら、運転するときには常に身体に触れていて、また、国ごとに異なる様々な体格に対応させなければならない。

    【6歳未満はクルマに乗る時は使用義務あり】タクシーでもチャイルドシートは必要か?

 さらには、良い悪いという個人の主観的判断までもが入るためだ。とはいえ、ひとつに決めて製品に落とし込まないと商品にはならない。

 では、自動車メーカーは一体どうやって、シートの良い悪いを決めているのだろうか。あまり知られていないシート開発の裏事情を交えつつ、日産で乗り心地性能の開発をしていた筆者がご紹介する。

 文:吉川賢一、写真:トヨタ、日産、マツダ、ダイハツ、ホンダ、
ベンツ、ベストカー編集部

 【画像ギャラリー】日本車のシートと歴史

自動車メーカーが注目するシート設計の4つのポイント

 シートの良し悪しは、当然のことながら、そのクルマの使われようによって異なる。

アルファード(Executive Lounge S )の
シート全体写真
ゆったりとした気品にあふれる空間を演出している

 サーキットを走るマシンなのか、普通乗用車なのか、高級車の後席シートなのか、ミニバンの2列目や3列目シートなのか、はたまた大型トラックなのか。

 クルマが使用される道路事情や乗員の体格によって、良く感じる部分が変わるためだ。今回は、普通乗用車を例にとって考えてみよう。

 日産開発時代に、筆者が経験したシート設計において、大まかに4つのポイントを重視した。

・ホールド性(身体の保持)・サポート性(たわみ)・座り心地(柔らかさ)・乗り心地(振動遮断)

 上記の4つのポイントは、互いにトレードオフ性能となることが多いため、それらをどういった配分で目標設定をするのかが、シート設計のキモであり、シート開発担当者の大切な役割だ。

国によってシートの条件とは? 

 自動車メーカーのテストドライバーや、シート開発担当のぽうによると、良いシートの条件とは腰をしっかりとホールドするシートである。

 「ドイツ車のシートは硬い、アメ車のシートはフカフカだ」という評価をクルマ好きならば一度は聞いたことがあるだろう。硬いとフカフカという相反する表現ではあるが、どちらもその本国においては、良いシートのクルマなのだ。

 道がまっすぐで制限速度も速くないアメリカでは、フカフカなシートが当時、求められていた。例えば、キャディラックやシボレーのSUVなどが典型的だ。

ベンツAクラス
体が沈みこまなさそうなタイプのシート

 対して、超高速で長時間移動をするドイツでは身体が沈みこまないほうが、身体にストレスがたまらずに良いとされている。例えば、BMWやベンツ等がそれに当てはまる。

 しかし、座面がフカフカすぎるシートや、肩までがっちりとホールドするシート、乗降性を優先しサポートが緩いシートなど、極端なバランスに設定されたシートだと、そのクルマが使われるシチュエーションによっては、シートが悪いクルマとして判断されてしまう。

日本車のシートは、どう評価される? 

 日本のように、制限速度が高くなく、短距離を移動がメインで、頻繁に乗り降りをするような使いぽうをする地域に合わせたシートがある。

 例えば、軽自動車に使われているような乗り降りを優先したシートや、キューブの様なベンチシートを、そのまま欧州に輸出していったら、まちがいなく現地で酷評されるだろう。ところ変われば品変わるなのである。

 ただし昨今は、新型車をグローバルで販売するため、どのメーカーも、世界中でそれなりに適した形状をしたワンスペック化をシートでも採用する傾向がある。

マツダ3の運転席

 よって、アメリカ車やドイツ車、イタリア車、フランス車、そして日本車も、おおむね良いシートの概念は似てきたように筆者は思う。例えば、クラウンやマツダ3、最近だと新型カローラのシートも良いシートだと思う。

アメリカ人と日本人の体格差はどうしているのか?

 ちなみに、世界中で販売されているクルマの場合、そもそも想定している基本体格が異なるという事情がある。

 グローバルで販売するクルマの場合、日本車メーカーであっても、米国人体格のAM50こと175cm78kgで設計するというワールドルールに従っていることが多い。

 逆に、日本国内にのみ販売する軽自動車やミニバンの場合だと、日本人体格のJM50こと165cm65kgに合わせている。

スカイライン(1982年)
現在(下の写真)のと比べるとかたちが異なるのがわかる。

スカイライン(2019年)


 しかも、平均身長や体重などは年々変化をするため、その基準値は変わってくる。30年前のクルマのシートが、少し小さく見えるのは、こうした背景もあったりもするのだ。

まとめ

 いいシートと悪いシートの差は、シートにかけられる予算の影響もなくはないが、例えばシート形状であればウレタンの量でコストをかけずとも調節ができる。

 何より、自動車メーカーがきちんと設計コンセプトを持って、シート開発に取り組んでいるのかが、良いシートと悪いシートを分けるポイントなのだ。

 【画像ギャラリー】日本車のシートと歴史

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb 岡安 美穂)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • dt4*****|2019/10/17 13:18

    違反報告

    何だかんだ言ってもやっぱりレカロはいい。
    腰痛持ちにはコレが一番。
  • shi*****|2019/10/17 13:12

    違反報告

    調節機能が多いシートを廉価グレードにも広げてほしいな。
    グレードによってシートリフターが無いとかおかしいから。

    田舎では複数台所有が当たり前だし、お互いの車を運転することだって普通にある。
    でも、そのたびにシートを調節するのが面倒だし手間もかかる。
    特に我が家は相方と身長で30㎝もの差があるため、シートに限らずミラー類やステアリングまで含めた調整が多い。

    理想だけ言えば、オプションでいいから全車種、全グレードにメモリー機能付き電動シートを設定してほしい。OP価格20万くらいなら躊躇なく追加装備するよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します