現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【SUVの起源】 幾多の名車を輩出する「クロカン」の系譜

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.17
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日9月20日、累計販売台数が1,000万台突破したと発表された、トヨタのクロカン ランドクルーザーシリーズ。その起源は1951年にまで遡る。

 右を見ても左を見てもSUVの現在の自動車マーケットだが、実はこの源流にあるのがランドクルーザー、あるいはスズキ ジムニーなどに代表されるクロカンの存在だ。

    【コンパクトカーの世界標準を変える!】ヴィッツ改め新型ヤリス 世界初公開!!

 そもそも「クロカン」てなんなんだ? という話だが、クロカンは「クロスカントリー」の略で、じゃあクロスカントリーてなんだ? という話になると、スキーのノルディックなどを思い浮かべてみるとわかりやすいのだが、「未舗装の道」のことを言う。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ncx*****|2019/10/17 14:15

    違反報告

    Jeepでガシガシやってた頃にRAV4が出た。
    前後アングルの角度から、ちょっと上げたらかなりの走破性が見込めるのではないかと、
    見た目だけで期待をしながらディーラーに実車を見に行った。
    早速下を覗き込んでみたが、その脆弱な足回りに愕然とした。
    「え!?」と、思いながら室内を確認すると、”ローレンジ”がない。
    「これは、『見た目だけクロカン四駆』ではないか・・・と、思った記憶がある。
    つまり、ローレンジの有る、無しがクロカンとSUVの違いではないかと・・・。
    もしくは、それに代わる機能か・・・。


(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン