現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ダイハツ「コペン」に新グレード「GRスポーツ」追加 トヨタとのコラボが実現

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.16

ダイハツ「コペン」に新グレード「GRスポーツ」追加 トヨタとのコラボが実現

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■コンセプトが商品化! ダイハツ「コペン GRスポーツ」登場

 ダイハツの軽オープンスポーツカー「コペン」に、「GRスポーツ」が追加され、2019年10月15日から発売されます。

    えっ、これが軽自動車の値段!? 200万円超もある高額軽自動車5選

 コペン GRスポーツは、2019年1月の東京オートサロン2019に出展された「コペン GRスポーツ コンセプト」を商品化したもので、トヨタのTOYOTA GAZOO Racingがモータースポーツ活動を通じて培ってきた知見を共有し、ダイハツが開発をおこないました。

 2014年6月に発売されたコペンには、「ローブ」「エクスプレイ」「セロ」の3モデルがラインナップされており、今回発売された「GRスポーツ」は第4のモデルになります。

 外観のデザインは、フロント・リアともにブラックアウトしたランプをブラックのラインでつなぎ、水平基調のデザインを強調。一体感のあるデザインでスポーツカーらしいワイド&ローを表現しています。

 さらに、Functional MATRIXグリルやコペン GRスポーツ専用のBBS製16インチアルミホイールを採用しています。

 内装は、スポーツカーとしても性能を追求した専用アイテムや大人の上質感を演出する専用加飾として、GRスポーツ専用のピアノブラック調加飾ドアグリップ/センタークラスター、カードキー、レカロシート、MOMO製革巻きステアリングホイール、自発光式3眼メーターなどが装着されています。

 コペン GRスポーツは、アンダーボディにフロントブレース(補強材)を追加し、センターブレースの形状変更などにより、ボディのねじれ剛性を高め、安定感あるフラットな乗り心地を実現しています。

 また、ばねとショックアブソーバーを最適化し、刷新したサスペンションを開発。路面の入力に対してしなやかに動いて追従し、路面との接地感が向上するとともに、ステアリングの中立位置の明確さとクルマの動きの一体感が増しています。

 さらに、車両側面に整流効果を持たせたフロント・リアバンパーや、フロントバンパーのエアアウトレット、床下スパッツを採用されたことで、車両側面、下面の風の流れを清流化。ローブと比較して、車体にかかる揚力を約10%抑制し、直進安定性や接地感が向上しました。

 コペン GRスポーツの価格(消費税込)は、CVT車が238万円、5速MT車が243万5000円です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します