現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ケッチ」「サンパチ」「ヨンフォア」! 70年代に“中免ライダー”を虜にした国産バイク

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

免許制度も影響し、ニックネームが付くほど人気に

 1960~70年代にかけて世界の頂点に到達した日本のオートバイ。しかし、そのあまりの高性能ぶりから、日本国内では最大排気量750ccまでという自主規制や、401cc以上の大型バイクに乗るには試験場で「限定解除」をする必要がある免許制度改定などが行われました。 そんな背景の中、比較的容易に教習所でも取得できる中型二輪免許(今の普通二輪免許)で乗れる400cc以下のバイクが若者の間で流行し、数多くの名車が生まれました。“中免ライダー”(中型二輪免許を持つライダーの略)という言葉が出たのもこの頃です。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン