現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】スズキ ジムニーシエラは小ぶりなボディながら高い走行性能を持つ本格クロスカントリー

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年7月にデビューした、乗用車登録のジムニーがジムニーシエラだ。現在の国産車では唯一無二のオフロード性能を持つこの小型クロカン4駆とともに今回は、数日間過ごしてみた。(Motor Magazine 2019年11月号より)

ボディ本体サイズは軽のジムニーと同じ
2018年7月に「20年ぶりのフルモデルチェンジ」が注目されたジムニーシリーズ。今回は、1.5Lエンジンを搭載したジムニーシエラ(以下、シエラ)の4速AT車を試した。

    トヨタが東京モーターショーで新型フルサイズワゴン「グランエース」を公開へ

まず、シエラについて少し解説する。軽自動車のジムニーに対して全長は+155mm、全幅は+170mm、全高は+5mmと大きい。(Webモーターマガジン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rob*****|2019/10/15 22:01

    違反報告

    いや、所詮は軽クロカンベースだし、快適性とは程遠いし、言うてもこんなもん…

    買いました。
  • sof*****|2019/10/18 06:24

    違反報告

    当初はJB64が購入候補でしたが、試乗してみたらこちらの方が落ち着いた走行フィーリングだったので、現在はJB74が購入候補筆頭になりました。
  • bim*****|2019/10/21 09:56

    違反報告

    現実問題として納期が延び延びで手に入らないから所有車の車検をもう1度受けて様子見中。
    2年もあれば納期も通常に戻り「ランドベンチャー」等の限定モデルも登場してくれるはず⁉
    5ドアモデルは登場してほしいけど現実的には可能性低いかな??

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン