現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの東京モーターショー 08】1981年、MX81は10年後のファミリアを目指してベルトーネが手がけた

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1954年、東京モーターショーの前身である「全日本自動車ショウ」が開催されてから、2019年で65年が過ぎた。そんな東京モーターショーの歩みを、当時のニューモデルやコンセプトカーなど、エポックメイキングなモデルを軸に紹介しよう。今回は1981年の第24回ショーを振り返った。

クルマの多様化や機能による分化が進む
1981年の第24回東京モーターショーは、各社とも開発が進む電子技術を意欲的に出品してきたのが目立つ。また、レジャービークル(RV)の種類が増え、クルマの多様化や機能による分化が一段と明確になってきた。(Webモーターマガジン)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン