現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 手動解除NGの「オートライト義務化」 クルマのランプスイッチ、どう変わるのか?

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.13
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スイッチを「OFF」にしても「AUTO」に戻る

 2020年4月以降に発売される新車から、周囲の明るさが一定以下になるとロービーム(すれ違い用前照灯)を自動で点灯する「オートライト」の装備が義務化されます。薄暮れの時間帯に交通事故が多い実態を踏まえた措置です。

    「やけに赤信号に捕まる…」には理由あり ドライバーが気づかない信号の仕組み

 今回の法令の条文では「自動点灯に係る機能については、手動による解除ができないものでなければならない」と明記されています。では夜間に前照灯を消したい場合、どうなるのでしょうか。

 すでに新法規に対応しているクルマでは、ランプスイッチが大きく変化しています。(乗りものニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gar*****|2019/10/13 22:27

    違反報告

    暗くなっても頑なにライト点灯しないドライバーも少なくないので義務化も止むなしかと
    あとフォグランプも視界不良時の補助灯なのでヘッドライト点灯せずにフォグランプだけで走行してる車両もきちんと取り締まって欲しい
  • mgk*****|2019/10/13 21:30

    違反報告

    明るすぎるトンネルに問題はないですか?
    晴天の夜のフォグランプの点灯規制をしてもらいたいです
  • zen*****|2019/10/13 21:28

    違反報告

    要件が複雑でメーカー間での統一もされてないし、色々混乱きたしそうだな。ライト消して走ってる奴がいなくなるのはいいんだが・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン