現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「OPTIONはGRスープラを魔改造してボンネビルに行きます!」目指すは最高速400キロ!?

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.12

「OPTIONはGRスープラを魔改造してボンネビルに行きます!」目指すは最高速400キロ!?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OPTION×GRスープラ世界最速プロジェクト

2020年のオリンピックイヤーに世界の頂点を目指す!!

    「これぞネオ暴走族スタイル」R35GT-Rにリバティーワークス魂を全注入!

いよいよデリバリーが本格的に開始されたGRスープラ。チューニング業界もこの新世代スポーツカーには大いに期待しており、間違いなくSEMAショー2019や東京オートサロン2020の会場には、多くのカスタムされたGRスープラが並ぶだろう。

もちろん、久々のビッグネームの復活をただ遠目に見ているだけのOPTION誌ではない。デモカーを導入(まだ納車されていないけど…)し、日本のチューニング業界を巻き込んだ一大プロジェクトを発足!

それが、ボンネビルスピードウィークでの最高速チャレンジだ。ドライバーはもちろん日本が世界に誇る最高速ジャンキー、Daiこと“稲田大二郎”。出場クラスはまだ未確定だが、ターゲットスピードについては「最低でも380キロ。400キロを超えたいな」と、Dai。なかなか高いハードルである。

とはいえ、出場を予定しているボンネビルの日程は2020年8月。すでに1年を切っており、マシン製作を急ピッチで進めなくてはとても間に合わない!

不安要素はまだある。400キロ近くを狙うとなると最低でも1000馬力は必要になる。しかし、新型のBMW製エンジン(B58型)のポテンシャルは未知数だ。腰下の強化パーツはまだ存在していない上に、シリンダーブロックが耐えられるとは思えないのだ。

それでも可能性に賭けて未知のエンジンで攻めるか、それともD1GP車両のように先代スープラの2JZ-GTEを換装するか…。

この物語がどう進んで行くかはまだ分からないが、出場する以上は“記念受験”などで終わらせるつもりはない。必ず結果を出して、改めて世界に日本の改造技術をアピールするつもりだから、チューニングファンの方々はOPTION誌面をチェックしながら応援していただきたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します