現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自慢の電動化技術を活用! 三菱がインドネシアのエネルギーマネジメント実証実験に参加

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.12

自慢の電動化技術を活用! 三菱がインドネシアのエネルギーマネジメント実証実験に参加

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アイ・ミーブ」と急速充電器を活用

三菱自動車は、インドネシア・東ヌサトゥンガラ州のスンバ島で実施されているエネルギーマネジメント実証実験に参加した。これは太陽光発電と電動車両を利用し、ガソリンの確保が難しい離島などで効率的なエネルギーの活用方法を探ることを目的としている。

    「ポルシェ・タイカン」エレクトリック4ドアスポーツの全貌が公開された!

この実証実験は、再生可能エネルギーで発電した電力の安定供給のためインドネシア技術評価応用庁と九電工が、日本の環境省の支援事業として2017年12月から開始。三菱は2018年2月、EVの「アイ・ミーブ」2台とプラグインハイブリッドEVの「アウトランダーPHEV」8台、急速充電器4台をインドネシア政府に寄贈しているが、このうちアイ・ミーブ1台と急速充電器1台がそれぞれ実証実験に参加。太陽光発電による充電や島内での走行により、実証データが蓄積される。この実証実験への参加にあわせ10月3日に開かれた式典では、三菱自動車の理事・加藤寿永氏が以下のようにコメントしている

「三菱自動車が実証実験に参加でき、光栄に思っています。EVがインドネシアの人々の生活に貢献できることを確信しております」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB H.Tanaka)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bty*****|2019/10/13 09:59

    違反報告

    太陽光発電のことは詳しく分かりませんが、昼の強い日光で強く発電しそれをEVに充電し、
    それを夜に、つまり蓄電池として使えるならと考えますね。
    ただ、充電中、蓄電池として使用中は走れないという大欠点がありますが。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します