現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 54年間ワンオーナーのアストンも選ばれた! 美しきクラシック・カーの頂点とは?【ペブルビーチ・コンクール・デレガンスのクラスウィナー10選:<後編>戦後モデル】

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」に設けられたクラスは全部で29。つまり、29台がクラス・ウィナーとなったわけだが、そのなかから10台の“美しき文化遺産”を、筆者が独断でセレクト。前回の第2次世界大戦前のモデル篇に続き、今回は、第2次世界大戦後の素晴らしきクラス・ウィナーを紹介する。(前編はこちら!)

【クラスF6】1952年型ベントレー Rタイプ・コンチネンタルH.J.マリナー製クーペ

    アルファロメオ最強モデル登場! F1 トリビュートとは?

2019年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、創業100年を迎えたベントレーが主役だった。(GQ JAPAN)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン