現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【記録より記憶に残る名車!?】今はなき平成元年生まれの異端車 4選

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.9

【記録より記憶に残る名車!?】今はなき平成元年生まれの異端車 4選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 平成元年は日本の自動車界にとってエポックメイキングなモデルが続々登場した年だった。

 当サイトでは「【令和に残る超名門】日本車奇跡の年! 平成元年誕生車の当時と今」と題し、平成元年に誕生し、現在も生き残る名門モデルを振り返った。

    【アルファードを超える噂の高級ミニバン初公開】車名はグランエース! 年内発売&最新情報判明!!!

 そして、本稿ではもう消滅してしまったものの、画期的だった平成元年誕生車を紹介。今はなきこの4台は、記録より記憶に残るモデルと言えるかもしれない。

文:渡辺陽一郎、岡本幸一郎
写真:NISSAN、HONDA、TOYOTA
ベストカー 2019年9月26日号

【画像ギャラリー】4台の子孫!? 今はなき平成元年誕生車の末裔は??

日本では一代で終了「インフィニティQ45」

インフィニティQ45(1989-1997)/日本では初代モデルで終了したが、北米では3代目(日本ではシーマとして販売)まで販売。

 初代セルシオに遅れること1カ月、11月に登場したQ45は私自身の評価はセルシオより上。というのも初代セルシオはデザインを含めて当時のクラウンの延長線上に位置していて、とにかく静粛性にこだわっていたトヨタとしてのクルマ作りの集大成モデル。

 これに対し、インフィニティQ45は従来とはまったく違う新しい高級車像を目指していたことがよく表われていたモデルだった。

 当時、テストコースで試乗したのをよく覚えているけれど、その旋回速度はセルシオを含めそれまでの日本の高級車とは桁違い。ほかのクルマが80点なら、このQ45は130点を与えられるくらいレベルが違っていた。

 開発主査に聞いたところ、「このセダンで山を越えて海を見に行こう」というのが開発テーマだったらしく、乗り心地こそ若干硬かったものの、若干アンダーステア気味にして安定性を持たせていて当時のBMWにも似たスポーティな乗り味だった。

 前後マルチリンクサスが採用され、個人的にはR32スカイラインやS13シルビアに並び、日産の「901活動」(1990年代に技術の世界一を目指す)の象徴だったと思う。

 ただ、走り以外はセルシオに完敗。七宝焼きエンブレムのみのグリルレスマスクや質感こそ高いもののデザインのアクが強かったインパネ、背もたれが小さくチープなシートなど、マイナス点は多かった。

【渡辺陽一郎】

ホンダらしい独自の存在感発揮!「アコードインスパイア」

アコードインスパイア(1989-1995)/4代目アコードの上級モデルとして登場。フロントミドに直列5気筒エンジン搭載のスタイリッシュサルーン

 当時、独自の存在感を発揮していたホンダらしい面白いクルマだった。

 その頃にいた会社の編集部での事前撮影会で、相模湖ピクニックランドに行った時に撮影したのだけど、よくぞ5ナンバーサイズでここまで伸びやかで美しいスタイリングを実現できたと感心したもの。

 ロングノーズで超ショートオーバーハング、個人的にもカッコいいエクステリアだったと思う。

 マークIIクラスのアッパーミドルサルーンとしてアコードの上級版という位置づけだったけれど、そのコンセプトはまるでカリーナEDのような「4ドアクーペ」。

 マークIIがセダンよりもスタイリッシュなHTモデルが売れたように、このアコードインスパイアも大ヒット。ホンダには当時、2代目インテグラや3代目プレリュードなどクーペモデルがあったけど、そのユーザーに向けたモデルだったような気がする。

 2代目以降はコンセプトを居住性に振ってアメ車のようになり、販売を落としたのは残念だった。

【渡辺陽一郎】

“リトラ”採用でシルビアと差別化「180SX」

180SX(1989-1998)/S13型シルビアの兄弟車として登場したが、180SXは中期型までターボ車のみの設定だった

 筆者がセリカXXの次に買ったのがこの180SX。Z32型フェアレディZの弟分的な感じなのが気に入って、エンジンがSR20型になった1991年式を購入。

 やはりリトラクタブルライトにハッチバックの後輪駆動車が好きだったんですな。CA18型の初期型はフロントマスク形状があまり好きじゃなかったんだけれど、2L化された1991年のマイチェンでスッキリとした顔立ちになったことで迷わず購入。

 2年間乗ったんだけど、当時の自分にはパワーがありすぎたせいか(SR20DETは205ps/28・0kgm)、峠では持て余すほどだった。

【岡本幸一郎】

カリーナEDの影に隠れた佳作「コロナEXiV」

コロナEXiV(1989-1993)/2代目カリーナEDの姉妹車としてスタイリッシュなピラーレス4ドアHTとして登場。パワートレーンは5代目セリカに準ずる

 それまでコロナにはST160セリカのノッチバック版クーペ、コロナクーペが販売されていて、エクシブはその後継モデル……だったはずだけれど、はっきり言って立ち位置が中途半端だったかな。

 当時はコロナのセダンがあり、上にマークIIがあったけれど、その中間としての存在感が薄く、何より姉妹車のカリーナEDの陰に隠れてしまった感じ。世界初のデュアルモード4WSも制御に問題ありすぎだった。

【渡辺陽一郎】

【画像ギャラリー】4台の子孫!? 今はなき平成元年誕生車の末裔は??

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ベストカーWeb ベストカーWeb編集部タカセ)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • cfh*****|2019/10/09 01:32

    違反報告

    20年前の大学生時代、バイト掛け持ちしてボロボロの180SX乗ってました。最高の思い出です。
  • koy*****|2019/10/09 02:42

    違反報告

    インスパイアよりも、兄弟車のビガーが好きでした。
    幅広いヘッドライトに小さなグリルが格好良く見えました。
    FFフロントミドシップのせいで空転し易いとか、縦置き直列5気筒エンジンのせいで室内(特に後席)が狭いとか、色々と欠点もありましたが・・・。
    当時、最もスタイリッシュなセダンだったと思います。
  • kaz*****|2019/10/09 01:31

    違反報告

    記録より記憶?
    そもそも記録って何ですか?
    販売数とか?
    車に使う言葉じゃないよな。へんな記者

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します