現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツCクラスのSUV版? GLCがパワーアップして登場

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.4

メルセデス・ベンツCクラスのSUV版? GLCがパワーアップして登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■メルセデス最量販SUVのGLCが新しくなった!

 メルセデス・ベンツ日本は、2019年10月3日に新型「GLC」と新型「GLCクーペ」を発表し、同日より注文受付を開始しました。

    アルファードを超える? トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 2015年6月に発表された先代「GLC」は、それまでのGLKクラスの後継モデルというポジションでした。車名からわかるように「Cクラス」のSUV版ともいえ、新型GLCは、Cクラスと同等の安全・快適装備に加え、高いアイポイントや同セグメントのなかでは低重心のためにセダンのような乗り心地と取り回しのよさをあわせ持ったプレミアムミドルサイズSUVです。
 
 また新型GLCクーペは、GLCと同等の走行性能、利便性を実現しながら、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を両立したSUVクーペです。
 
 2代目となるGLCならびにGLCクーペの日本導入モデルにはどのようなラインナップがあるのでしょうか。

●GLCとGLCクーペは、5つのラインナップで発売開始

 GLCとGLCクーペは、エンジンや出力違いによってメルセデス・ベンツのブランドで2車種、メルセデスAMGのブランドで3車種、合計5車種のラインナップで日本に導入されます。

 メルセデス・ベンツでは、2リッター直列4気筒ディーゼルターボの「220 d 4MATIC」と2リッター直列4気筒ターボの「300 4MATIC」がラインナップされます。「GLC 220 d 4MATIC」が690万円(消費税込、以下同)、「GLC 220 d 4MATICクーペ」が721万円、「GLC 300 4MATIC」が775万円、「GLC 300 4MATICクーペ」が807万円です。
 
 メルセデスAMGからは、3リッターV6直噴ターボの「43 4MATIC」と4リッターV8ツインターボで出力違いの「63 4MATIC+」と「63 S 4MATIC+」がラインナップされます。「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC」が948万円、「メルセデスAMG GLC 43 4MATICクーペ」が980万円、「メルセデスAMG GLC 63 4MATIC+」が1313万円、「メルセデスAMG GLC 63 4MATIC+クーペ」が1344万円、「メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+」が1487万円、「メルセデスAMG GLC 63 S 4MATIC+クーペ」が1519万円です。
 
 すべてのモデルが右ハンドルのみの設定となります。組み合わされるトランスミッションは、すべてのラインナップで9速ATとなります。駆動方式にFRはなく、4MATIC(四輪駆動)のみとなります。

■メルセデスらしい無骨さのなかに官能的な美しさが宿る

●質実剛健、しかし官能的になったデザイン

 新型GLCの外観は、メルセデス・ベンツのデザイン思想「Sensual Purity(官能的純粋)」に則って、現代的ラグジュアリーを表現しています。細かなエッジやラインを減らして面を強調するなど、本質的に重要なものだけを残す質実剛健なデザインとなっています。

 フロント部は、クローム仕上げのアンダーガードと往年の名車「300SL」を連想させる2本のパワードームを備えたボンネットが、SUVとしての存在感とパワーを表現しています。標準のラジエターグリルは特徴的なツインルーバーデザインとなっていますが、AMGラインを選択すると標準仕様とは異なる台形型グリルデザインとなり、ダイヤモンドグリルとシングルルーバーとなります。バンパー下部左右には2本のフィンが配置され、シルバークロームのフロントエプロンと相まってスポーティさが強調されるデザインです。
 
 リアセクションでは、バンパーとエグゾーストエンドが一新されました。リアコンビネーションランプはデザインが一新され、フルLED化されています。
 
 インテリアは、これまでのスポーティかつ上質なデザインコンセプトを受け継ぎながら、ダッシュボード中央にナビゲーションやエンターテイメントシステムの表示画面となる高精細10.25インチの「ワイドディスプレイ」が装備されました。
 
 また、インストゥルメントクラスター機能を持つ高精細12.3インチの「コクピットディスプレイ」には、スピードメーターやタコメーター、ナビゲーション、安全運転支援システムなどの情報を表示することができ、表示モードはクラシック、スポーツ、プログレッシブの3種類から選択可能です。
 
 ステアリングホイールはSクラスと同じデザインの最新世代のものが採用されています。手を離さずにナビゲーションの操作や車両の設定などがおこなえる「タッチコントロールボタン」や「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」を設定するスイッチも備えられており、操作性がさらに向上しました。
 
 また、ゆっくりとカラーが変化し続ける「マルチカラーアニメーション」を搭載した「アンビエントライト(64色)」も装備されています。
 
 車室空間の快適さも高められています。各種ヒーターやパフュームアトマイザー、シート設定、照明、ミュージックなどのシステムを統合的にコントロールする「エナジャイジング コンフォート」をオプション装備すれば、「リフレッシュ」、「バイタリティー」、「トレーニング」の3つのプログラムから自分にあった快適な車内空間を手に入れることができます。
 
 さらに「エナジャイジング コーチ」機能を使うと、高度なアルゴリズムに基づいて、走行時間などを加味した上で、ドライバーのストレスレベルや睡眠の質などの個人データを活用し、ドライバーをサポートするモードを提案します。ただし、これはGarmin製スマートウォッチ(別売)を装着した場合のみです。
 
 また、対話型インフォテイメントシステム「MBUX」を搭載し、「ハイ、メルセデス」をキーワードにボイスコントロールが起動し、多くのインフォテイメント機能を音声認識でコントロールできます。
 
 新型GLCは安全面でも抜かりはありません。「Cクラス」や「Sクラス」と同等の最新世代の運転支援システムが標準装備されます。
 
「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し/右折時対向車検知機能付)」は、対向車線を横切って右折しようとする際、対向車線を直進してくるクルマと衝突する危険がある場合に10km/h以内であれば自動ブレーキが作動します。対向車の検知は、フロントの長距離レーダーセンサーとステレオマルチパーパスカメラを使っておこなわれます。

■好みに応じてエンジンは4機種5ラインナップ

●エンジンは大きく4タイプ
 
 GLC 220 d 4MATICに搭載されるエンジンは、2リッター直列4気筒ディーゼルターボエンジンです。最高出力194馬力、最大トルク400Nmを発生し、現行「Eクラス」にも搭載されているエンジンです。

 従来型より高出力化された一方で、振動と騒音は低減されており、ディーゼルとは思えない快適なドライブを実現しています。

 このディーゼルエンジンには革新的技術が多数盛り込まれています。たとえば、シリンダーブロックとピストンに熱膨張率の異なる素材を採用したり、自社開発した表面コーティング「NANOSLIDE」を導入することで摩擦を低減し、効率性を高めています。
 
 さらに排出ガス浄化経路の短縮や選択触媒還元法コーティング付粒子状物質除去フィルターを採用するなどして、排気のクリーン化にも力が注がれています。欧州において導入されているRDE(実路走行試験)規制にも適しています。
 
 GLC 300 4MATICには、2リッター直列4気筒ターボエンジンが搭載されています。ツインスクロールターボチャージャーと可変バルブリフトシステム「CAMTORONIC」を採用し、低回転から高回転まで伸びやかな加速が可能になりました。
 
 最高出力は258馬力、最大トルクは370Nmです。これは従来のGLC 250 4MATICに比べて+47馬力、+20Nmとなっています。
 
「メルセデスAMG 43シリーズ」のV型6気筒エンジンは、従来モデルより23馬力アップの390馬力となり、伸びやかな加速を実現しました。このパワーを四輪に最適に配分するために、メルセデスAMGが開発した四輪駆動システム「AMG 4MATIC」を搭載しており、31:69とリアよりのトルク配分により、スポーツ走行時などで強力なトラクションと安定感あるハンドリングを実現しました。

「メルセデスAMG 63シリーズ」には、「メルセデスAMG GT」に搭載されている最高出力476馬力、最大トルク66.3kgmの4リッターV型8気筒エンジンが搭載されます。

 さらにハイパフォーマンスモデルの「63S」も設定され、こちらは最高出力510馬力、最大トルク71.4kgmとなっています。
 
 メルセデスAMGが開発した新しい四輪駆動システム「AMG 4MATIC+」を搭載し、前後トルク配分は50:50から0:100の範囲で可変トルク配分し、発進時はもちろんのこと高速走行、ハイスピードコーナリング、コーナー立ち上がりの加速などにおいて、絶対的な安定性を誇り、思いのままのドライビングを楽しむことができます。
 
※ ※ ※

 気になる納車時期ですが、GLC 220 d 4MATIC、GLC 220 d 4MATICクーペ、GLC 300 4MATIC、GLC 300 4MATICクーペは2019年11月、メルセデスAMG各モデルは2019年12月を予定しています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します