現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ Nボックス、2019年度上半期の新車販売ナンバー1に。販売の勢いいまだ衰えず

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.10
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの軽トールワゴン「Nボックス」が、2019年度上半期(4-9月)の新車販売でナンバー1に輝いた。

なおNボックスは暦年の上半期販売台数(1-6月)でもトップとなり、それに続く快挙となる。現行モデルが登場したのは2017年9月で、月間新車販売台数では25ヶ月連続で首位を獲得。販売の勢いは衰えないどころか、上半期の累計台数は136,047台と過去最高を更新した。

    売れまくりNボックス、ガチで衝突させたらどうなる? オーナー目線で挑むホンダ安全取材会

Nボックスは、室内空間の広さ、充実した安全装備に加え、走行性能の良さにも定評がある。また、10月3日には安全装備や快適装備を充実する一部改良を実施し、本日より販売が開始される。快進撃はしばらく続きそうだ。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • uch*****|2019/10/10 09:27

    違反報告

    やはり、本物は強いな。タントも新型を出してトップに返り咲きたかったんだろうが、あんな中途半端な物出したら無理に決まってるよ。
    ダイハツさん、もうちょっと考えて出したらどうだ?
  • ffh*****|2019/10/10 10:56

    違反報告

    税金安いし車内広いしスライドドアだし、足車としては完成形だよな。
  • sor*****|2019/10/10 09:12

    違反報告

    これって、喜んでいいものなのかね。
    これしか売れない、これしか買い替えしてくれない
    まさにN-BOX地獄の真っ最中ということでしょ。

    下手したら生産が停まった新型N-WGNや
    これから発売する次期フィットの顧客すらも
    N-BOXに喰われかねないよ。
    その証拠にN-BOXのユーザーって白ナンバーが
    多いのは、フィットから乗り替えたユーザーが
    黄色のナンバープレートに抵抗があるからでしょ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン