現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ新型「ハスラー」や小型PHEV「ワクスポ」初公開! 東京モーターショー2019の内容とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.10.1

スズキ新型「ハスラー」や小型PHEV「ワクスポ」初公開! 東京モーターショー2019の内容とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ボディ形状がスイッチひとつで変形する?

 スズキは、「第46回東京モーターショー2019(2019年10月24日から11月4日)」にて、新型とみられる「ハスラーコンセプト」やパーソナルコンパクトPHEV「ワクスポ」を世界初公開します。

    よーく見て! 現行型と新型「ハスラー」の違いを画像で見る(19枚)

 今回のスズキブースでは、クルマやバイク、電動車いす、マリン製品を展示。メインステージには、参考出品車として、ワクワクをシェアリング可能なパーソナルコンパクトPHEV「ワクスポ」とモバイルルーム自動運転車「ハナレ」が置かれる予定です。

 ワクスポは、「いつでも、誰でも、どこへでも。楽しさ、ワクワクをシェアリング」をテーマにしたコンセプトモデルです。

 外観は、コンパクトなボディサイズをベースにフロントマスクやインテリア表示をスイッチひとつで切り替えることが可能で、ひとりひとりの楽しさやワクワクさに合わせてクルマが変化し、みんなで共有できます。

 また、スイッチ操作によってボディ後方の形状をドライバーの用途に合わせてクーペスタイルからワゴンスタイルを自動を変形でき、ボディサイズは、全長3700mm×全幅1650mm×全高1430mm、乗車定員は4名という仕様です。

 同じく未来のコンセプトモデルとして、誰もが自由に移動時間と、ほどよい空間を有効活用できるモバイルルーム自動運転車のハナレが展示されます。

 ボディサイズは、全長3900mm×全幅1800mm×全高1900mmとなり、駐車場や狭い場所に自由自在に出入りできる扱いやすい前後対称の外観デザインです。

 このハナレは、家の「離れ」のようなこだわりのプライベート空間と、遊びのベース拠点になる繋がりの開放的な場所に変化します。

 室内には、ハンドルやインパネなどは無く、クッションが回転して自由な座り方ができるソファーシートを採用。そのため、リビングのような温かみを感じる空間です。

 また、室内中央の大型モニターでは、車両操作や目的地設定がおこなえるほか、ゲーム、映画、風景などを表示して多彩な移動の楽しさやワクワク感を提案します。

 ワクスポやハナレのコンセプト以外には、ベビー用品を扱うコンビとのコラボレーションしたコンセプトモデル「エブリイどこでもベビールーム with コンビ」が展示されます。

 これは、社会に役立つ軽商用車として、子育て支援や災害時に活躍するモデルとなり、通常時は日常で使える商用車として、災害時には避難場所や屋外でのイベントでは、おむつ交換や授乳できるベビー休憩室として活用可能です。

 荷室空間にスライド式おむつ交換用ベッドを設置。後席で安心して授乳できるように、後席と荷室の間に仕切りを設置し、ウインドウにはプライバシーシェードやカーテンなどを取り付けています。

■スズキブースの目玉は、2代目となる新型「ハスラー」か

 今回、東京モーターショー2019の注目車は、人気軽自動車「ハスラー」の新型モデルとみられる「ハスラーコンセプト」が世界初公開されることです。

 ハスラーコンセプトは参考出品車として出展されますが、その完成度の高さから2代目となる新型ハスラーと推測できます。発売日は未定ですが、近い将来、このスタイルでフルモデルチェンジされる予定です。

 フロントマスクは、現行ハスラーのデザインを踏襲しています。丸目を基調にしながらウインカーを一体型としたヘッドライトや、アンダーガードなども現行のコンセプトと変わりません。フロントグリル形状が台形から長方形に変わったのが見た目上での変更点です。

 サイドスタイルでは、フェンダーアーチを黒で統一する手法は現行ハスラーを踏襲していますが、Cピラーに新たに窓を設けてシックスライトとすることで、現行とは大きくイメージが異なっています。

 大きく変わったのは室内です。インパネではメーター/カーナビ・オーディオ/グローブボックスにそれぞれベゼルを設けたデザインになっています。

 また多彩な収納スペースや、荷室側からスライド可能なリアシート、防汚性の高いラゲッジルームなど、遊びのギアとしての使い勝手も向上しています。

 発表されている搭載エンジンは、660cc直列3気筒・吸排気VVTマイルドハイブリッド、および660cc直列3気筒ターボ・吸気VVTマイルドハイブリッドの2種類で、駆動方式は4WDです。

 ハスラーコンセプトのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1680mm、ホイールベースは2460mm。現行型ハスラーは全長3395mm×全幅1475mm×全高1665mとなります。

 大きさはほとんど変わっていませんが、現行型のホイールベースは2425mmなので35mm長くなっており、この2460mmというホイールベースは、現行型「アルト」や「ワゴンR」と同じです。

 また、東京モーターショー2019では、このハスラーコンセプトをベースにしたモデルがもう1台展示される予定です。

 ハスラーコンセプトをベースに「アーバンアウトドアスタイル」を表現したこのモデルは、バーミリオンオレンジをベースに、カモフラージュ調のサイドデカール、モノグラム調ルーフラッピング、マットガンメタのアクセントカラーでファッショナブルに仕立てた外観で、専用のルーフラックやマッドフラップ、タイヤを装備します。

 また室内も、ハスラーのロゴやクライミングロープのようなパイピングを施したシート、迷彩柄のフロアマットなど遊び心を感じさせるアイテムが装着されます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • miy*****|2019/10/02 18:05

    違反報告

    このままフェンダーカメラ(ミラー)で出して下され。そして下手にこれ以上弄って1959年スズライト3ドアバンLTみたいなラインを崩さないで下さい。

    あと、余計な運転サポート機能は付けなくて良いから、その分安くて軽くね。内装もレトロチープ方向で。そして大事なのはマニュアルミッションも揃えて下さいな。
  • h_m*****|2019/10/01 12:49

    違反報告

    wakuスポ欲しいです。いろいろチェンジできる?
    飽きっぽい性格なので嬉しい夢の車です。
    カラーリングはスイフトの綺麗なブルーでツートンでお願いします。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します