現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 名称に混乱を招くクルマの安全装置、統一の評価基準へ新認定制度はじまる

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.23
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーにわかりやすい性能評価基準の統一

 ペダルの踏み間違い事故が世間を騒がせたことにより、自動車メーカーでは安全装置の開発を促進しています。トヨタは普及型予防安全パッケージ「Toyota Safety Sence」搭載車の累計出荷台数が上昇中で、さらに後付けできる「踏み間違い加速制御システム」を設定しています。このように、安全装備・運転支援システムが拡充ラッシュですが、自動車メーカーによって名称や性能差がバラバラなのも事実。クルマに詳しくないユーザーからすればカタログを見ても難しく感じてしまいます。(Auto Messe Web)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yo0*****|2019/09/23 19:42

    違反報告

    統一基準を作る際は、是非とも雨などの悪天候時の作動についても考慮願います。
    最新のものは、晴天時では各メーカーで差はあまり無くなってきているけど、雨天などの荒天時の作動にはシステム毎にけっこう差があるし。
    晴れた日の日中しか車に乗らない訳じゃないので、かなり重要なポイントだと思います。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン