現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「ランドクルーザー」が累計販売台数1千万台突破! 誕生から68年かけての偉業

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.21

トヨタ「ランドクルーザー」が累計販売台数1千万台突破! 誕生から68年かけての偉業

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■初代は1951年登場! ランドクルーザー68年の歴史

 トヨタ「ランドクルーザー」シリーズのグローバル累計販売台数が2019年8月末までに1001万5000台となり、1000万台を超えました。

    なぜ、2系統展開? トヨタ王道SUV「ランクル」「プラド」の違いはどこに

 今回の記録は、1951年8月1日にトヨタジープBJが発売されてから68年間で達成したもので、ランドクルーザーはトヨタでもっとも長い歴史を持つロングセラーカーでもあります。

 ランドクルーザーは、初代発売から4年後に1955年11月に投入した20系で、本格的な輸出を開始。それ以降も開発思想である「信頼性/耐久性/悪路走破性」を犠牲にせず、ユーザーのニーズに応えるクルマづくりを続けることにより、世界中のユーザーから多くの支持を受け、当初100台にも満たなかった輸出台数は、10年後の1965年には1万台を超えるようになりました。

 現在は、約170もの国と地域で販売されており、年間グローバル販売台数は約40万台にのぼります。

 ランドクルーザーは、グローバルでトヨタブランドの信頼性を高めることに大きく貢献、トヨタの輸出拡大の足がかりとなりました。

 またその信頼性や耐久性の高さから、製造から50年以上経ったランドクルーザー40系が、いまだに現役で活躍する地域もあります。

 ランドクルーザーの車名は「陸の巡洋艦」という意味で、1954年に命名されました。

 なお、ランドクルーザーシリーズのモデル系譜は以下のとおりです。

●ヘビーデューティ系(トヨタブランド)

トヨタジープBJ型
ランドクルーザー20系/40系/70系

●ステーションワゴン系(トヨタブランド)

ランドクルーザー55系/60系/80系/100系/200系

●ライトデューティ系(トヨタブランド)

ランドクルーザー70系ワゴン/70系プラド/90系プラド/120系プラド/150系プラド

●レクサスブランド

LX450・470・570/GX470・460

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ats*****|2019/09/21 22:02

    違反報告

    未だに40が走っていると思うとすごく大切にされてるんだなととても嬉しい気持ちになります。
  • hrv*****|2019/09/21 23:07

    違反報告

    Jeepやランドローバー・メルセデスGクラスと言った歴史のあるオフロード車が軍用からの派生だった一方。ランクルは(自衛隊の前身である警察予備隊の車両として開発され採用されなかった生い立ちはありますが)民間用として生まれた四駆。  紛争地帯で見ることもありますが・・・ これからも平和な世の為に走り続けて貰いたいですね。
  • bpm*****|2019/09/21 23:02

    違反報告

    70ピックアップトラック乗って5年目、イイですね。このてのクルマが私には必要、だから燃料がガソリンだから乗る乗らないなどという考えは起きません。素直で丈夫で信頼出来る相棒です。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します