現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「スープラ」復活! 初代登場から41年経った歴史とはどんなもの?

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.21
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■トヨタを代表する「スープラ」の歴史とは

 2019年5月、通算5代目となるトヨタ新型「スープラ」が復活し、日本デビューを果たしました。

    「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

 BMWと提携するという新たな試みから生まれた新型モデルは、2社でプラットフォームを共有し、BMWはオープンスポーツの新型「Z4」を作り上げ、トヨタは「直列6気筒+FR方式」をDNAとするスポーツクーペの新型スープラを送り出したのです。

 世界中にファンが多いスープラは、どのような経緯で誕生したのでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nog*****|2019/09/21 17:34

    違反報告

    走行性能が向上してればデザインを貶し、デザインが80に近くても性能が劣ればそこを貶す。取り敢えず何かを言いたいだけなんだよね、みんな。デザインだって70から80に変わった時ほど激変って訳でも無いし。文句言ってる人ほどスープラに対して思い入れなんて無いんだろうね。そう言ってりゃ通っぽく聞こえる、ぐらいでさ。A90スープラって言ってる奴と同じ。80スープラの後継とは認めたくないくせに90スープラとか言ってるの意味分かんない。
  • aft*****|2019/09/21 17:20

    違反報告

    路上で見た実車は想像以上にカッコ良かった。好き嫌いはあるがZ4なんかよりははるかに力作。
  • kag*****|2019/09/21 17:10

    違反報告

    80だって出た当初はダサいって言われてました。
    自分は今このスープラを買うためにお金を貯めている真っ最中です。
    いつ買えるかは分かりませんが乗ってもいないのに外見だけで物の良し悪しを決めるのはどうかと思います。自分は試乗して今乗っている86よりもこのスープラに魅了を感じました、確かに内装はBMテイストが強かったしATしかないのは残念ですが、走りに関しては先代の80にも劣らないものです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン