現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【なぜクラウンだけが生き残れるのか】日本が誇る超名門車 人気の秘密

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.22
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本を代表する高級セダンといえばクラウン。1955年の誕生以来、15代、64年にわたって生き続けている。

 2019年1~6月の販売台数を見ると、2万1783台、月平均で3631台と他のセダンを寄せ付けないほどの人気を誇っている。方や爆発的な人気を誇ったマークXは2019年12月で生産終了が伝えられている。

    【2019年8月国内販売登録車1位獲得!!】シエンタ急騰の勝因は?

 こうした日本のセダン不振が続くなかで、なぜクラウンだけが人気なのか? クラウンだけが持つ魅力があるから人気なのか?

 そこで、クラウンの人気の秘密について、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が迫ってみた。(ベストカーWeb)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン