現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「伝統の“MR=ミツビシレーシング”かと思いきや、“マルチランナー”の略ってのが紛らわしい!!」シャリオMRターボ【ManiaxCars】

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.20

「伝統の“MR=ミツビシレーシング”かと思いきや、“マルチランナー”の略ってのが紛らわしい!!」シャリオMRターボ【ManiaxCars】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MRターボは当時、間違いなく時代の最先端を行っていた!

車重の軽さと十分なトルク、3速ATの走りに不満ナシ

    「伝統の“MR=ミツビシレーシング”かと思いきや、“マルチランナー”の略ってのが紛らわしい!!」シャリオMRターボ【ManiaxCars】

初代シャリオは1983年2月に登場。83年というと、芸能界じゃ森尾由美や富田靖子、大沢逸美、横浜銀蠅の妹分で岩井小百合がデビューし、映画だとキャノンボール2、あいつとララバイ、積み木くずし、戦場のメリークリスマスが封切されるなど、40半ばのオッサン世代なら記憶に残る年だろう。

前年、ニッサンがセンターピラーレスボディにリヤ両側スライドドア採用、変則的な3-3-2のシート配列で8人乗りを実現した初代プレーリーを世に出してたけど、初代シャリオはその対抗馬といえる存在だった。

ベースは、初代ミラージュの兄弟車にして、いつかはこの企画で取材したい変態グルマでもあるトレディア。シート配列は2-3-2の7人乗りと、2列目がセパレートシートで3列目との回転対座を実現した2-2-2の6人乗りが用意されたけど、回転対座モードでは足元スペースが狭すぎ、まるで使えない…との理由から、6人乗りは前期型のみで姿を消すという悲しい過去があったりする。

ともあれ2ボックスで3列シートという、斬新なパッケージをカタチにしただけでもリッパなのに、なにを思ったのかミツビシ、初代シャリオの発売からわずか5ヵ月後にターボモデルを投入したのだ!

前ヒンジのボンネットを開けると現れるのは、インタークーラーなしのA175ランタボ前期型と同じ1.8L直4SOHCターボのG62B“シリウス”エンジン。1.8L NA(G62Bとはストローク違いのG37B)が85psなのに、なんと50psアップの135psを出してたんだからけっこうイカレてる。

ボア×ストロークは80.6φ×88.0mm(1795cc)で、NA版G37Bはストローク量を86.0mm(1755cc)にショート化したもの。また、G62Bのボア径を85.0φ(1997cc)に拡大したのが2.0L版のG63Bで、それを4バルブDOHC化(SOHC仕様もあり)したのが4G63になる。

燃料供給はSPI(シングルポイントインジェクション)方式を採用。スロットルバルブの上流にインジェクターが1本だけ備わり、各シリンダーに混合気を送り込む。キャブから、各シリンダーに1本ずつインジェクターを持つ今どきのMPI(マルチポイントインジェクション)への移行期に見られた燃料供給方式だ。

またMRターボのミッションは、ミツビシのFF車初となる5速MTと3速ATが用意された。

のち、初代RVRや2代目シャリオのリゾートランナー系にギャランVR-4/ランエボ譲りの4G63ターボが搭載されることになるけど、その伝統(!?)は初代シャリオに始まったと言っていいのだ。

取材車両のMRターボは、イメージカラーであった赤/黒2トーンのボディ色。ボディサイドには“CHARIOT TURBO”のロゴデカールが誇らしげに入ってるんだけど、はて、どこかで見たような?…ってソレ、まんまDR30スカイラインRSターボじゃないですか! そんなスポーティな演出に見え隠れするのは「ウチのはターボ付き、プレーリーとは違うぜ!」と猛烈にアピールしたかったであろう、ミツビシの意地とプライドだ。

室内に目を移すと、まずステアリングホイール中央のホーンパッドに堂々と“TURBO”の文字。トレイ状になったダッシュボード上部や助手席前の2段式グローブボックスなど使い勝手はよさそうだ。メーターパネルは右側にタコメーター(下にブースト計)、左側にスピードメーターが並び、その間に燃料計と水温計が上下に配置される。

前席はサイドサポートの張り出しが大きく、スルータイプのヘッドレストも採用されるなど、見るからにスポーティ。思うに、どうやらミツビシはホンキでスポーティモデルに仕立てあげようとしてたらしい。しかし、このシート、当初はMRターボ専用だったのに、のち84年5月に登場した4WDも共用することになった。

2列目シートは座面こそ一体型だけどスライド機構が与えられ、背もたれは50対50分割で独立リクライニングが可能。3列目シートへのアクセスを容易にするウォークイン機構も採用されている。

3列目シートは背もたれが短めだけど、上下前後方向ともに大人2人がちゃんと乗れるスペースを確保してるのがエライ! また、左右独立リクライニング機構を持つ他、ダブルフォールディングでラゲッジスペースの拡大も可能だ。タイヤハウス上部にはフタ付きのドリンクホルダー&小物入れもちゃんと用意されている。

2列目を一番前に出してヘッドレストを抜き、フルリクライニングさせると2~3列目でフルフラットを実現。こんな芸当は当時、ハイエースやキャラバンといったワンボックス車の特権だったから、セダンに毛の生えたようなクルマ(失礼!)でシートがフルフラットになるのは実に画期的だった。

「セダンの運転感覚と、キャブオーバータイプワゴン(つまりワンボックス)の優れた居住性を両立」というミツビシのうたい文句に偽りナシだ!

ちなみに、MRターボが登場した83年7月から84年5月まで、1.8LモデルはNAとターボで違う型式のエンジンを搭載してたにも関わらず、すべて車両型式がD03Wだったため、NAかターボか車両型式では判断できないという事態が発生。なもんで、84年5月以降はターボ(G62B搭載)がD03W、NA(G37B搭載)がD05Wと区別されるようになったのは、初代シャリオの基礎知識(笑)として覚えておくべし。

運転席に座ると、ウインドウが大きくて開放感バツグンの視界と、このテのクルマにしてはやらたとサポート性がいいシートとのギャップに思わず笑う。このチグハグ感こそ、変態グルマの資質として重要視されるべきポイントだ。

ATセレクターレバーでDレンジを選んで発進。「3速ATだから走りはカッタるいんじゃないか?」ってな先入観とはウラハラに2000rpmあたりですでに十分なトルク感があって、2500rpmからはターボ過給の効果もバッチリ。実はこの日、比較試乗で1.8L NAの5速MT車(初代シャリオMX)にも乗ったんだけど、エンジンのトルク感で言ったら全域でNAを上回ってるのは間違いない。

もちろん、思いのほか軽快に走るのは、そんなトルク特性だけでなく1150kgという車重の軽さも大きく効いている。だって今どきのクルマと比べるなら、86の6速AT車より100kgも軽いんだからキビキビと走ってくれるのも当然だ。

さらに、3速ATのギヤ比が絶妙で80km/h時のエンジン回転数は3000rpm弱。ということは、計算上100km/h巡航なら3500rpm前後になるわけで、これなら高速道路を使った長距離ドライブも大きなストレスなくこなせそうだ。このあたり、トルクに余裕があるターボエンジンだからファイナル比を若干高めにして…という設計がなされてるのかもしれない。調べたわけじゃないから、あくまでも推測の域を出ないけど。

にしても、初代シャリオMRターボはミツビシの意欲作だったと今さらながら思う。ただ、これは初代RVRにも同じことが言えるけど、残念なのは代が新しくなるごとにどんどんフツーのクルマになってしまったことだ。だから、デビューから30数年がたった今でも、初代シャリオMRターボはその魅力をまったく失っていないのだ。

■SPECIFICATIONS

車両型式:D03W

全長×全幅×全高:4445×1640×1525mm

ホイールベース:2445mm

トレッド(F/R):1410/1375mm

車両重量:1150kg

エンジン型式:G62B

エンジン形式:直4SOHC+ターボ

ボア×ストローク:φ80.6×88.0mm

排気量:1795cc 圧縮比:7.5:1

最高出力:135ps/5800rpm

最大トルク:20.0kgm/3500rpm

トランスミッション:3速AT

サスペンション形式(F/R):ストラット/トレーリングアーム

ブレーキ(F/R):ベンチレーテッドディスク/ドラム

タイヤサイズ:FR185/70-13

TEXT&PHOTO:廣嶋健太郎(Hiroshima Kentaro)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(web option web option編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • blu*****|2019/09/20 15:41

    違反報告

    シャリオにはもう一つプレーリーに勝る美点があった。それは中古車になると驚くほど安価だったにもかかわらず、値段に釣り合わないほど頑丈で壊れにくかった事。多人数で赴く現場や機材の多い現場で重宝されているのを、90年代終わり頃までよく見かけた。
  • bus*****|2019/09/20 13:54

    違反報告

    懐かしい。太田裕美のCMソングを思い出すなぁ。
    ♪ボクらの仲間 ゆかいな仲間 ……
      C H A R I O T シャリオ シャリオ シャ・リ・オ!
  • sor*****|2019/09/20 14:27

    違反報告

    例えばシャレード デ・トマソなどみたいに、
    この時代に赤黒ツートンは他にもありました。
    でも、一番強烈な存在感があったのは
    スーパーシルエットや西部警察で認知度があった
    DR30だったという訳です。

    日産車だけで見ても実はパルサーミラノX1や
    パルサーエクサ、リベルタビラなどもありました。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します