現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついに2019年12月で生産終了! 日産「キューブ」の歴代モデルを振り返る

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■発売後、大ヒットとなった初代キューブ

 日産のコンパクトカーとして屈指の知名度を誇る「キューブ」。初代の発売から現在まで20年の歴史があるキューブですが、2019年をもって国内生産が終了となりました。今回は日産の名車といえるキューブの各モデルを見ていき、その歩みを追っていきます。

    アルファードを超える? トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 1998年に発売された初代キューブは、低重心のフォルムに長めのフロントノーズ、横長のヘッドライトデザインで、その名のとおり立方体のような形が特徴的でした。

 キューブはルノーと共同開発したプラットフォームを使用したため、2代目マーチとベースが同様になっています。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • tam*****|2019/09/20 12:14

    違反報告

    キープコンセントのまま、スライドドア化、7人乗り仕様追加で、
    シエンタ、フリードの対抗馬として復活してほしい。
    キューブだけの世界観は必ず受け入れられるはず。
  • hag*****|2019/09/20 13:01

    違反報告

    二代目は『キューブ』という名前にふさわしいデザインで、これほど「名は体を表している」クルマは無いと思った
  • oji*****|2019/09/20 12:47

    違反報告

    日産党でした。(過去形)
    33.34.35ローレル
    34ステ、30エクス。。
    でももう買う車
    セレナとノートと軽しか
    ありません。
    新型スカイライン?
    あの値段であの仕上げ。。
    レクサス買います。
    さようなら。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン