現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > モーターショーなぜ衰退? 加速するメーカーの出展取り止めはなぜ起こるのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.9.20
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■世界中でモーターショー離れが進む理由とは

 2019年は、2年に1度の東京モーターショーが開催される年で、一般公開は10月25日からスタートします。かつては世界三大モーターショーのひとつともいわれていた東京モーターショーですが、いまでは「地盤沈下」といわれるほど、衰退しているといいます。

    アルファードを超える? トヨタが新型高級ミニバン「マジェスティ」発表!

 日本だけではなく、世界各国で自動車メーカーの「モーターショー離れ」が叫ばれていますが、自動車メーカーに何が起こっているのでしょうか。(くるまのニュース)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • aud*****|2019/09/20 12:06

    違反報告

    車を持つ事に、あらゆる規制やコストが年々上がり、車を持つ事が大変さと車を長く乗り続ける事を妨げる国の規制で車への魅力が薄らいで来ているまして車会社は数多く売れる車に絞って各社が作るので他社との格別化が無くなり似たり寄ったりの車作りに、、、それによって車への魅力が無くなったのでは?
  • yam*****|2019/09/20 11:09

    違反報告

    東京モーターショーは車を売れない買えないという謎ルールのせいじゃないかな。
    あとはどのメーカーもコストカットの為のパーツ共用で、個性が薄れてるからでしょうね。
    全部一緒に見えるとは言わないけど、何が違うのかわからない部分は多い。
  • fut*****|2019/09/20 13:00

    違反報告

    世界的な経済規模の縮小の中、車ブームの終焉が進んでいるのでしょう。もちろん、中国や一部新興国など、国民の収入が増えているところは別ですが。何かのコラムで「日本でこれまで車が売れてきたのは、70年代の車ブームが続いてきたからだ」と言っていました。確かに、70年代から80年代は魅力的な車もあったし、車を持つことがステータスでした。現在は画一的な車、車の高額化、収入の停滞などいろいろな意味で車ブームを維持するのは難しのかもしれませんね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン